将来が不安になる時どうすれば良いの?仕事や独身の老後不安を解消する令和の生き方

将来 不安

インターネットで情報を比較的簡単に手にする事ができるようになった現代において、良い意味では便利な時代と言えますが、逆に悪い意味では情報が洪水のように溢れている状況です。

人は、悪い情報をたくさん受け取ると、不安や恐怖の感情に支配されますが、その一つの例として

将来に対しての漠然とした不安

が挙げられるのでは無いでしょうか。

仕事、健康、人間関係と悩みが絶えない現代の世の中です。

令和の時代を強く生き抜くために、将来の不安が和らぐために今何をすべきか?解決の手段をまとめていきます。

将来が不安で眠れない時や不安すぎる時の対処法

将来が不安で眠れない

将来の不安を感じていると、神経が敏感になってしまっている事もあって、眠れない経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、不安を感じるという事は悪い事なのでしょうか?

ここでは、不安で眠れない時や、不安すぎてどうして良いか分からない・・という方向けに、不安との向き合い、快眠を得るために出来る方法9個をまとめました。

将来不安で眠れない人向けの9つの対処法

将来不安で眠れない方に試して頂きたい9つの対処法は、

  • 決まった時間に就寝
  • 習慣化する
  • アルコールを控えよう
  • お風呂でリラックス
  • 深呼吸
  • カフェインを控える
  • 紙に書き出す
  • 激しい運動を控える
  • デジタルデトックスを行う

となります。

1つ目の「決まった時間に就寝」ですが、スリープドクターと呼ばれる、マイケル・ブレウス博士は、

「睡眠は、タイミングが全て」

と言っていて、人間は24時間周期で体内時計を持っており、いわゆる「概日リズム」を掴む事で睡眠の質は変わると言っています。

2つ目の「習慣化する」ですが、寝よう、寝ようと思っても、いきなり眠りにつける人は多くありません。

特に不安な気持ちを抱えた状態では、脳内が興奮状態のようになっているので、寝静まるのに時間がかかるので、気持ちを落ち着かせるために、まずはベットに入る事から始めましょう。

心理学者のスザンナ・ハロネンは、

「毎晩同じことを繰り返せば繰り返すほど、体を睡眠に向けて準備するよう訓練付けることができ、より容易く入眠できるようになります」

と身体に覚え込ませ「習慣化が大事」と言っていますので、参考にして下さい。

3つ目の「アルコールを控えよう」ですが、ガイ・メドー博士は

「 アルコールは鎮静剤と同じような作用を持っています」

と答えており、眠りに付くには良いのですが、鎮静剤が切れると痛みが増すのと同じで、アルコールが切れると、数時間ほどで目が覚めてしまう事もあります。

アルコール10g(ワインにして1/3~1/2杯分)を処理するのに、大体1時間程度の時間が必要ですので、逆算すると19時ごろには飲むのは控えておきたいですね。

4つ目の「お風呂でリラックス」ですが、お風呂でリラックスすると同時に、お風呂上がりの後の体温低下は脳に睡眠ホルモンのメラトニンの生成を促す効果があると言われています。

お風呂にゆっくり使って、精神を落ち着かせてみましょう。

5つ目の「深呼吸」ですが、通常の呼吸よりも長めの深呼吸を繰り返すだけで、気が落ち着いてきます。

私の場合は、瞑想を行う事で気を落ち着けていきますが、慣れないうちは深呼吸を繰り返すだけでも十分な効果がありますので、毎日深呼吸で気を落とす意識をしてみましょう。

呼吸法については、丹田呼吸法がおすすめです、こちらの記事を参考にして下さい。

6つ目の「カフェインを控える」ですが、カフェインの摂取は午後14時以降は控えたほうが良いと、瞑想の教師であるウィルウィリアムスさんは言います。

理由として、

「カフェインは強力な刺激物で、たった一杯のお茶やコーヒーを飲んだ後、元通りになるまで、6時間の時間が必要」

という事ですが、就寝時間から逆算してカフェインを控えるのが一番でしょう。

7つ目の「紙に書き出す」ですが、将来の不安に関して、とにかく紙に書けるだけ書いてみましょう。

本来であれば、悩みをぶちまけてしまうのも良いのですが、紙に書き出すという事で、

「自分が何を不安と感じているのか?」

に対して、視える化する事になりますので、とても良い方法だと想います。

8つ目の「激しい運動を控える」ですが、夕方以降激しい運動をすると、神経が高ぶってしまい、眠りにつきにくくなるそうです。

トレーニングは早朝に行う方が良いかもしれませんね。

9つ目の「デジタルデトックスを行う」ですが、スマホを触りすぎて、逆に様々な情報に触れてしまう事で不安を煽ってしまう事もあるかもしれません。

デジタルデトックスとは、スマホやデジタル機器を身の回りから遠ざけ、スマホなど触らないようにする時間を増やすという取り組みです。

SNSなどが気になるという方であれば、機内モードにしておき、朝まで見ないように工夫するという方法も良いでしょう。

この9つの方法の中で、自分でできる事からでも良いですが、個人的に一番おすすめしたいのが9つ目の「デジタルデトックス」です。

人間はシンプルに考えている時が一番リラックスした状態で、頭が混乱している時はストレスを感じ、不安や恐怖と似た感情を抱きやすいのですが、デジタルデトックスで情報遮断する事で、思考をリラックスモードへと向かわせる事が可能になりますので、是非試してみて下さい。

将来が不安でお金が使えない

将来が不安 お金が使えない

将来に不安を感じている方に多い悩みとして、仕事と同様にお金の不安というのは、いつも尽きないものです。

特に、老後の生活の事を考えると、今お金に余裕があり使えるという人も多くないはずです。

老後の資金2,000万円必要?それでは足りないとも

2019年6月、金融庁の審議会の報告書に記載された「老後資金に2,000万円必要」という言葉は、多くの方が印象に残っていると思いますが・・

「老後資金として2,000万円で本当に足りるのか?」

「年金制度を維持できないのは政策ミスなのに、なぜ国民が2,000万円ものお金を自助で貯めなくてはいけないのか」

といった声もあるように、2,000万円を定年までに用意しなければいけないという気持ちや、老後をより豊かに過ごそうと考えた時に2,000万円で足りるのか?という不安にもなります。

さらに、20代、30代と比較的若い世代の人からすると、日本は人口減少時代で、少子高齢社会が進んでいるので、2,000万では老後足りないので、もっと貯蓄をしていく必要があります。

ここまで来ると、さすがに不安な気持ちを持つのも分かるのですが、実は老後の事を心配しているのは「比較的40代より上の世代に多い」というのが、アンケート調査でも分かっています。

日本労働組合総連合会

日本労働組合総連合会 資料より抜粋

アンケートでは、老後の生活を心配しているのは、70%以上超えるのは、40代以上であって、他の世代よりも圧倒的に多く、貯金出来る時間が短いから焦りを感じているように見えます。

貯金や家計のやりくりを心配する若い世代

一方で、

  • 預貯金など資産の状況
  • 家計のやりくり

については、比較的若い世代の方が、他の世代よりポイントが高く、不安を感じている事が浮き彫りになっています。

考えられる理由は、若い世代は貯金に対しての考えが老後の資金というよりは、これから先の「ライフイベント」に対する貯金が多いからだと想像出来ます。

  • 結婚
  • 新築の購入
  • 車の購入
  • 出産
  • 育児、進学
  • 介護

家族の事で、たくさんお金がかかる事がこの先ありますので、自分たちの老後の事を考える前に、まず目の前のイベントをクリアする事に必死でお金を使えない事が理由なのでしょう。

将来が不安なのはお金がないから

お金は貯金していたり、仕事で稼いでいて心配はないという方ではなく、一方でお金がなくて将来どうやって生活すればよいのか??と悩んでいる方も多くいます。

ニートの人数は全国で80万人近く

ニート人数

直近のニート数の調査を見ても、70万人以上の方がいますが、うち半数は30代を占めています。

ニート数全体のうち34%程度は「病気や怪我が理由」による無職ですが、その他の方は何かしら事情を抱えての無職です。

中でも突出した答えに

特に理由はない

と回答しているニートの方もいるように、お金がない、仕事がない事で、今は漠然であっても、将来的に不安を感じる可能性がある予備軍の人は多いと見られます。

未婚率の上昇はお金がないのは本当?

一方で、「生涯未婚率」と言って、一生結婚をしないと決めている方のパーセントが増加傾向にあるとのアンケート調査もありました。

明治安田社会福祉研究所

明治安田社会福祉研究所のデータによると、

  • 稼ぎが悪いから
  • 結婚、出産後も働ける環境が不十分だから

という結果があるように、旦那(もしくは奥様)一人の稼ぎでは生活を維持出来ない、共働きが結婚の前提と考えている人も多くいるのでは??と感じます。

将来が不安と6割の高校生が回答?

将来 不安 高校生

20代、30代の若者に限らず、さらに若い高校生でも「将来が不安だ」と感じているようです。

リクナビさんが運営するサイト「スタディサプリ」のサイト内に高校生へアンケート調査を行っており、卒業後の進路について「約6割が不安」と回答しています。

また、不安と答えた方の理由のベスト3は、

1位 就職出来るか心配、不安 77%
2位 社会や経済情勢が不安定 44%
人間関係がやっていけるか不安 44%

と回答しており、将来就職出来るのか、就職しても人間関係に困らないか?と不安視している高校生も多いという事です。

さらに、新型コロナウィルスの影響で、社会情勢はさらに困難を極めるので、就職活動への影響は高校生、大学生にも大きく及ぼすと思われますので、不安を感じるのも当然かと思います。

将来が不安で今を楽しめないや死にたくなるのは勿体ない

将来が不安で今を楽しめない

一様に「将来が不安」と言っても、人ぞれぞれ不安を感じている事は様々で、何に対して不安を感じているのか?は自分自身向き合っておく方が良いでしょう。

ここで、代表的な将来に不安を与える可能性があるものをいくつか示したいのが、

  • お金に関する不安
  • 仕事に対する不安
  • 家族に対する不安
  • 老後の不安
  • 健康に関する不安
  • 結婚に対する不安
  • 目標達成に対する不安

主に7つのカテゴリーについて不安を感じる方が多いのでは無いでしょうか?

これらすべての不安は、今現在の不安から将来の不安に発展する人もいれば、今時点で不安を感じていないけど、将来起きる可能性が高い(もしくは可能性がある)不安として考えている事です。

しかし、ここで考えて頂きたいのが、

「将来起きる可能性が高い(もしくは可能性がある)不安」

についてですが、あくまで可能性があるだけであって、必ずしも起きるわけではないですし、現時点でも問題が起きていません。

また、将来起きる可能性が高い不安なのであれば、今から対策をしていく事で不安を解消することも可能になります。

将来が不安で今楽しめない

将来の事を考えると憂鬱になったり、不安になったりするので、今楽しめないという方がいますが、今楽しめない人が、将来楽しめるか?と考えたら、答えは

かなりの確率で楽しめない

のでは無いかと思います。

将来が不安で死にたくなる

将来の事を考えただけで、生きているだけで苦痛・・そんな絶望感に至る事もあるかもしれません。

すごく惨め、辛い、苦しいといった気持ちに押しつぶされそうになり、衝動的に今の気持ちから逃げ出したいと思う事もあるかもしれません。

しかし、あなたの存在に救われている人やあなたの存在を必要とする人は、世の中に必ずいますので、その人たちと出会わないうちに死ぬのは、とても勿体ない事です。

将来が不安で仕事が手に付かない

将来の事を考えると不安を感じる方と同様、将来の不安を考えると仕事が手に付かないという状態ですが、これも同じく本末転倒です。

仕事が手に付かないというのは、心理の裏側として

この現実から逃げ出したい

という気持ちがあるからです。

仕事そのものが嫌いだったり、楽しくない事やマンネリ化した事で、ありもしない理想へと逃げてしまうのですが、現実というのは「今この瞬間の連続」であって、過去も未来も、まして理想なんていうものは全て幻です。

仕事を言い訳にチャレンジしない

全て幻なのに、理想がそこにあるかのように、何かと言い訳し、面倒な事を先送りしていると、逆に将来マイナスな事が起きる可能性があります。

「7つの習慣」で有名なスティーブン・R・コヴィーさんは、第三の習慣として

重要事項を優先する

事を、バケツと石を使って解説しています。

スティーブン・R・コヴィー 第三の習慣

バケツを1週間の期間と見立てた場合、中に入れるものが「予定」です。

バケツの中に、先に目の細かい砂や小石などを入れた場合、大きな石を入れる事ができなくなってしまいます。

効率よく大きい石と砂や小石をより多く入れるためには、中に入れる順序として

  • 大きいものから順番に入れる
  • 最後に細かい砂を入れる

ようにすると良いのですが、この石の大きさを「時間管理」と見立てているのです。

重要な事にフォーカスし無駄を省く

要するに、

  • より大きな石=まとまった時間を要するもの、重要度が高いもの
  • 細かい砂など小さいもの=重要度が低いもの

と捉えて、先に大きな石からスケジュールを入れるようにするのです。

一日ごとに捉えると、スケジュールを入れにくいと思いますが、1週間程度の範囲で見ると、大きな石をはめ込む事が出来ます。

まず、仕事を言い訳に面倒な事を先送りする癖がある場合は、今回のバケツと石の例えに倣い、スケジュール管理の方法から変えてみましょう。

そして、重要な事に集中し、先に取り組むようにすれば、驚くほど仕事が捗ります。

ボトルネックを見つけるのも有効

ボトルネックを見つけ、改善する事は、「TOC理論」の実践とも言えますが、TOC理論とは制約条件の理論とも言われていて、全体の工程の中で制約条件に当たるところは何か?を見つけ、改善するだけで、大幅に作業効率が上がると言われています。

仕事に対して前向きになれない、やる気になれないというのは、ボトルネックとしては

無駄なことを多くして疲弊している

可能性を考えた方が良いです。

仕事自体の好き嫌いよりも、無駄が多い事に嫌気を指しているのであれば、無駄が減ればそれだけ疲れも感じないかもしれません。

将来が不安で会社を退職

仕事が手に付かないであれば、意識の改善で何とかなるかもしれませんが、より深刻な状況として会社自体を退職するという手段に出る事もあります。

平成30年の厚生労働省がまとめた「雇用動向調査結果の概況」の中に「転職入職者が前職をやめた理由」についても調査されており、アンケート項目に「会社の将来が不安だった」があります。

平成 30 年雇用動向調査結果の概況

こちらの資料によると、

  • 35~39歳男性 12.8%
  • 40~44歳男性 11.2%
  • 45~49歳男性 11.6%

と、他の世代よりも多くの方が、会社の将来に不安を感じ退職をしている事実が分かります。

社内のリストラがあったり、会社の業績が落ち込んだ時に昇給や賞与をカットされたりと待遇や給料の面や、労働条件が悪く長時間労働によるストレス、体力の落ち込みによる限界なども理由にする方も多いようです。

また、転職するのであれば、出来るだけ若いうちにキャリアを積んでいるうちが良いと思う人も多いのかもしれません。

会社への不満や不安が少しでも募れば、将来の不安を解消するために一気に会社を退職するという行動まで出るという方も多いのです。

独身女性の将来が不安な理由

独身女性 将来 不安

生涯未婚率が上昇しているのと同時に、独身女性も年々増加傾向が見られます。

しかし、独身の女性の方は、結婚する事に煩わしさを感じており、特に結婚をしないからと言って、収入面で不安があるか?と言えば、そうでも無いようです。

実は、独身女性が将来に対して不安を抱いているのは、お金の面よりも「介護の心配」です。

一方、ご両親が高齢となり、自分も年を重ねる中で、介護を続けられるのか??という精神的、肉体的な負担を不安視する中で、せめて経済力だけは結婚相手に頼ろうと考える人もいます。

それだけ、30代、40代の独身女性の方は、実は不安を感じながら日々を過ごしているところもあるようです。

また、独身女性に多く見られるのが「浪費癖」で、20代の頃と同じように、稼いだお金をそのままショッピングなどに費やすという人も少なくないようです。

30代を迎えたあたりから、自分自身の結婚に対してどうするか?を整理して考え、将来設計を少しずつしていかなければ、それこそ将来不安だと感じていた事を直結してしまう事になり兼ねません。

将来が不安それでも今なすべき事は?

将来が不安でしかない

将来の不安は、様々な悩みや年代で違いがありますが、将来が不安だと過度に考えすぎる事は良くない事です。

むしろ、将来の事は「今の連続の先」の話であって、今目の前の事に精一杯取り組む事しか、未来を変えていく事は出来ません。

では、今なすべき事は何なのか?について、年代別にまとめてみました。

将来が不安な10代の今なすべき事

WEBサイト「Elite Daily」に寄稿した女性ライターSai Sailaja Seshadriさんが教えてくれる「15 Life Lessons You Should Learn Before Entering Your 20s(あなたが20代に入る前に学ぶべき15の人生のレッスン)」があります。

とてもシンプルで明確な素晴らしい内容でしたので、将来不安を感じる10代の方は15のレッスンを意識して日々を過ごしてみましょう。

あなたが20代に入る前に学ぶべき15の人生のレッスン
  • 人はそれぞれの道を歩んでいく
  • 傷つくことは避けられない
  • 悲しいけど代わりがきく
  • 人の死だけは避けることができない
  • 欲しいものがあるなら自ら掴みとる
  • 都合のいい人になってはいけない
  • やっぱり睡眠は大事
  • 健康はなによりの財産
  • ワガママでいいんだ
  • 年を重ねるとともに友達の輪は小さくなる
  • 嫌われたっていい
  • 勉強しておけば良かったと、後悔する
  • ときに世界は残酷
  • 頼れる人を大事にする
  • 最高の人生を送ろう

高校から大学へ進学する人もいれば、就職するなど、今まで一緒にいた友人たちと別れることが多いのが10代から20代にかけて起きます。

人によっては地元を離れて自分の力を社会に出て試すという方もいらっしゃるかもしれません。

まだまだ若いうちはワガママにやりたい事をとことん追求するのに十分な時間がある一方で、本当に頼れる大人との出会いも必要です。

その時に、一番身近な家族の存在があなたの助けになってくれるはずです。

将来が不安な20代の今なすべき事

同じく「Elite Daily」の記事の中で、ライターのSydney McBrideさんが20代のへの15のヒントは参考になりますので、ここでご紹介します。

あなたが30代に入る前に学ぶべき15の人生のレッスン
  • プライベートに秘密があるくらいがちょうどいい
  • 隣の芝はいつも青いとも限らない
  • 他人にどう思われているかで悩まない
  • 待たずに掴みにいくそれが「チャンス」というもの
  • 本当に迷ったときは、助言よりも自分優先
  • 「他人事」に首を突っ込めるかで人生は開かれる
  • 何かを変えたいのならまずは自分から
  • 「なんとなく…」は卒業。自分の内なる声と向き合う
  • 罪悪感で成長を止めない
  • 人間の価値と収入は別物
  • 義務感もほどほどに
  • イエスマンをやめる
  • 度を超えた「主張」は逆効果バランスを見極めよう
  • オリジナリティこそすべて。他人のマネをしない
  • 失敗を恐れるよりも、信念にしたがい、前へ。

10代とは違い、勢いだけでなく、少しだけ賢く生きるという事も考えておく必要があるのが20代です。

ライフスタイルの変化も多い年代で、結婚や住宅を購入したり、転勤で地元を離れるなど様々な事が起きる事が考えられるのが20代です。

その時に「なんとなく生きる」という選択ではなく、自分の内なる声=自分自身と向き合う事も必要になってくるはずです。

将来が不安な30代の今なすべき事

次に、30代が将来の不安を打ち消すために、今なすべき事ですが、30代の方が行うべき「たった3分の計算」というものがありましたので、こちらをまず紹介します。

結論を言いますと、計算する内容は「退職金」だそうですが、まだ30代と言えば終身雇用としても折り返し地点のところなのに実感が沸かない・・

という方がほとんどかもしれませんが、大体いくらくらいあるのか?先輩や上司から聞いておくと良いそうです。

その他に、年金の「簡易計算法」を使い、老後の年金がどれくらいあるのか?を把握しておくようにしましょう。

国民年金による基礎年金は、満額が決まっていて40年で未納や免除がなければ80万円です。

一方、厚生年金は報酬比例のため、収入に応じて年金額も増えます。

簡易計算式でいくと、

「平均年収」×「0.55%」×「60歳までの年数」

でざっくりと年金受給額を計算しておくと、退職金と年金のざっくりした計算が立ちますので、将来に対する資金計画を立てていく事も可能です。

また、「35歳のチェックリスト」という齋藤孝さんの書籍で35歳から行うべき心技体の整え方を紹介していますので、こちらの書籍を参考にするのも良いかと思います。

将来が不安な40代の今なすべき事

40代は人生におけるターニングポイントとなる年代です。

これまで培ったスキルや経験を活かし、さらに飛躍する事もあれば、逆に中間管理職や業務の役割を果たせず、コストカッターが入る年代でもあります。

と言っても、今までやってきた事以外の事にチャレンジするのは怖いですし、そんな事を考える余裕も無いはずです。

そんな40代を迎えたあなが今なすべき事をいくつかまとめてみました。

あなたが30代に入る前に学ぶべき15の人生のレッスン
  • 自分のスキルや経験の棚卸しをしよう。
  • 趣味を持ち、仕事以外のコミュニティにも所属しよう。
  • 今できる分野以外のスキルや経験を磨こう。

藤原和博氏の著書「100万人に1人の存在になる方法」では、キャリアの三角形や3つのキャリアの掛け合わせといった言葉で説明していますが、得意な分野を3つ棚卸します。

棚卸しをする際に

「自分が20代、30代それぞれで10,000時間かけてきた事」

について、キャリアや経験を棚卸しするようにして下さい。

図で解説すると、

のように、20代では1/100に過ぎない1点が、30代にはもう1点増えた事で1/10,000となり、40代にはさらに1点増え三角形となる事で、1/100万となれるのです。

100人に一人のポジションを1つ持つだけでは点に過ぎませんが、2点、3点と増える事で希少価値が上がっていくのです。

40代でも新しい事にチャレンジしたり、趣味を見つけ没頭する事、新しいコミュニティで仲間を見つけるのは、新しい1/100づくりと思って取り組んでみてはいかがでしょうか。

将来が不安な50代の今なすべき事

先のデータでもあったように、50代の方が将来に対する不安を持っているのは、相対的に高い数値ですので、人生の中で一番不安を感じる年代なのかもしれません。

  • 定年まで残り10年ほど
  • 家族の介護も始まってくる
  • 自分自身の健康にも不安が出てくる
  • 家族の健康の不安も出てくる
  • 老後の準備に入り、子どもたちも独り立ちしていく

など、生活スタイルが大きく変わってくるポイントになるかもしれません。

一方で、若い頃に比べて精神的に落ち着きを持てたり、物事を悟ったかのように色々と感じ始めるのも50代なのかもしれません。

論語では、

子曰、
吾十有五而志于学。
三十而立。
四十而不惑。
五十而知天命。
六十而耳順。
七十而従心所欲、不踰矩

書き下ろし文

子曰く(しいわく)、吾十有五(われじゅうご)にして学(がく)に志(こころざ)す。三十(さんじゅう)にして立(た)つ。四十(よんじゅう)にして惑(まど)わず。五十(ごじゅう)にして天命(てんめい)を知(し)る。六十(ろくじゅう)にして耳順(みみしたが)う。七十(ななじゅう)にして心(こころ)の欲(ほっ)する所(ところ)に従(したが)えども矩(のり)を踰えず(こえず)

とあるように、50代にして「天命を知る」事になるかもしれません。

自分の使命に目覚め、使命のために生きる生き方が出来る50代は、きっとそれまでの間に様々な経験を積まれてこられたから、天命を見つけられたのでしょう。

天が与えてくれた、自分の使命を全うできるよう、気付けるように、若い頃からたくさん経験し、見つからなくても良いので、使命を探す生き方を心掛けてみてはいかがでしょうか。

将来が不安になる時どうすれば良いの?仕事や独身の老後不安を解消する令和の生き方 まとめ

将来 不安 まとめ

将来が不安になるのは、潜在意識そのものが「変化を嫌う」からです。

潜在意識は、自分自身が変化する事が危険であると無意識に判断します。

そのため、変化をしようとすると恐怖や不安といった感情で、元に戻らせようとするシステムが働きます。

このあたりの潜在意識と不安の仕組みについては、

で詳しく述べていますので参考にして頂きたいのですが、どれだけ不安を感じても、結局変化しなければいけない事は、変化しなければ面倒な事を先送りにしてしまい、結局は自分が損する事になります。

仕事の事、お金の事、老後や健康の事を考えると、たくさんの不安もあろうかと思いますが、何に対して不安を感じているのか?

を自問自答し、今目の前の取り組むべき事を明確にし、最優先で取り組むように気持ちを切り替えていきましょう。

【無料特典付き】ビジネスマインドを磨くLINE無料講座が受講できます

あなたの潜在意識を引き出し、自己実現を叶えるためのビジネスマインド大学で考案した「サーバント(奉仕型)マーケティング無料講座」を無料LINE講座で受講が可能です

 

【私のサポートを受けた人たちの成果は…】
最高月収100万超え2人、50万以上1人、30万以上1人、20万以上2人、5万以上1人など…

自由な人生を歩み始めています。