音楽家の名言【英語付き】有名なドビュッシー、ショパン、ベートーヴェン、モーツアルト、バッハなどまとめ

音楽家 名言

バッハ、モーツアルト、ベートーベン、ドビュッシー、ブーランク、チャイコフスキーなど、作曲家やクラシックの音楽家は、音楽だけでなく偉大な名言や格言の数々を現代に残してくれています。

この記事では、短い中でも感動に満ちた言葉や、愛溢れる言葉まで、人生のヒントとなる言葉を英語訳付きでご紹介します。

もくじ

音楽家バッハの名言

音楽 名言 バッハ

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは、「音楽の父」と呼ばれ、1685年~1750年にわたりドイツで活躍した作曲家、音楽家です。

バッハの代表曲は、

  • トッカータとフーガニ短調(オルガン曲)
  • アヴェ・マリア(声楽曲)
  • G線上のアリア(ピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏曲)
  • ブランデンブルク協奏曲(合奏協奏曲集)
  • 主よ、人の望みの喜びよ(オーケストラ伴奏付きの声楽曲)
  • 平均律クラヴィーア曲集(鍵盤楽器曲)
  • ヴァイオリン協奏曲第1番(ヴァイオリン協奏曲)

がありますが、名言や格言の言葉も残していますので、いくつかご紹介していきます。

音楽家バッハの名言その1 風車

風は見えなくても風車は回っている。音楽は見えなくても心に響いてくる、囁きかける。

英語 Even if it isn’t seen, a wind is going around a windmill. I’m appealing even if the music isn’t seen, I begin to whisper.

目に見えるものが全てではありません、人間には心がありますので、心で捉えた事、身体で感じた事も、すべて自分自身が捉えている事を教えてくれるバッハの名言です。

音楽家バッハの名言その2 音楽

音楽は共通言語であり、翻訳の必要がない。魂が魂に話しかけるのだ。

英語 Music doesn’t have to be a universal language and be translation. Since putting it there, a soul is speaking to a soul.

音楽を通して会話が出来る事をバッハは教えてくれています。

つまり、お互い言葉が通じなくても、音楽を通して相手の感情を理解する事が出来るというのです。

音楽家バッハの名言その3 ハーモニー

ハーモニーは信心に次ぐものである。

英語 Harmony is next to Godliness.

ハーモニーを和訳すると「調和」となりますが、信心つまり「信仰心」に続いて大事なものが調和である事をバッハは教えてくれています。

音楽家バッハの名言その4 神の栄光

音楽の究極的な目的は、神の栄光と魂の浄化に他ならない。

英語 There are no other ones in glory of a god and a purge of a soul for the musical ultimate purpose.

音楽は、人の心を穏やかにする効果がありますが、それ以上に神や魂というスピリチュアルな分野においても浄化する効果がある事をバッハは教えてくれています。

音楽家バッハの名言その5 演奏

私は書かれた通り楽譜を演奏するが、神こそがそれを音楽にするのだ。

英語 I play the notes as they are written, but it is God who makes the music.

誰しも同じ楽譜を同じように演奏をしても、同じ音楽にならないのです。

そこには、神が宿っているのかもしれませんね。

音楽家バッハの名言その6 塵埃

音楽は精神の中から、日常の生活の塵埃を除去する。

英語 Music removes daily living dust from the inside of spirit.

音楽を聞いていると、自分の悩みも吹き飛んでしまうイメージを持てますよね。日常生活からも余計なモノを取り除く事が大事です。

音楽家バッハの名言その7 楽器

どんな楽器でも演奏するのは簡単である。正しい音を正しい時に触れば楽器が勝手に演奏してくれる。

英語 It’s easy to play any musical instrument: all you have to do is touch the right key at the right time and the instrument will play itself.

楽器本来の力を発揮する事こそ、プロの音楽家の力なのかもしれません。

演奏は出来ても、お客様の心を震わせるような音楽を奏でるためには、楽器の力も必要なのでしょう。

音楽家モーツアルトの名言

音楽 モーツアルト 名言

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、1756年~1791年にオーストリアで活躍した作曲家、音楽家です。

ハイドン、ベートーヴェンと並ぶ「ウィーン古典派三大巨匠」とも呼ばれるモーツアルトですが、幼少期の頃から音楽の才能に目覚め、5歳にして最初の作曲を行っています。

モーツアルトの代表作には、

  • アイネ・クライネ・ナハトムジーク
  • レクイエム
  • 交響曲
  • フルートとハープのための協奏曲
  • ピアノソナタ
  • トルコ行進曲
  • ピアノ協奏曲
  • フィガロの結婚
  • ドン・ジョヴァンニ
  • クラリネット五重奏曲

など、たくさんの名曲を残しています。

そんなモーツアルトの名言や格言をいくつかご紹介していきます。

音楽家モーツアルトの名言その1 財産

私達の財産、それは私達の頭の中にある。

英語 Our riches, being in our brains.

モーツアルトの曲は未完成のものもありますが、モーツアルトの頭の中にはおそらく曲が完成していたのでしょう。

是非とも完成した曲を聞きたかったものです。

音楽家モーツアルトの名言その2 働くこと

本当にわたしは怠けることが嫌いで、働くことが好きなんだ。

英語 Believe me, I do not like idleness but work.

仕事が好きという人は、必ず成功します。

あなたが、もし仕事に対して前向きな気持になれていないのであれば、天職ではないのかもしれませんが、天職でなくても気持ち次第で前向きに取り組む事は出来ます。

あなたの天職を見つけるか、もしくは仕事に対するエネルギーを高めて、怠けずに仕事に没頭しましょう。

仕事に悩む時はジョブスの名言がおすすめです

音楽家モーツアルトの名言その3 振る舞い

相手の振る舞いに合わせて、わたしも彼らに接している。わたしを見下し、小ばかにする人がいれば、わたしは得意満面に振る舞うだろう。

英語 Just as people behave to me, so do I behave to them. When I see that a person despises me and treats me with contempt, I can be as proud as any peacock.

相手の振る舞いに合わせて顔色や態度を変えるのではなく、常に変わらない態度で望む事が大切です。

「不動心」という言葉がありますが、相手に流されず、自分の軸をブラさない事が大切です。

音楽家モーツアルトの名言その4 やり遂げる

わたしは何事も最後までやり遂げる人間だ

英語 I am one of those who will go on doing till all doings are at an end.

目標や夢は、最後まで成功するまでやり遂げるべきです。

途中で諦めるのは勿体ないですので、絶対にやめましょう。

失敗が続いても問題ありません、失敗は成功へ繋がりますし、失敗のまま終わらせるのではなく、失敗から何を学ぶか?を考えましょう。

失敗について学ぶならエジソンが一番です

音楽家モーツアルトの名言その5 アイデア

馬車で旅をしているときや食後の散歩中、あるいは眠れない夜。そんな時にアイデアが最も豊富に湧き出てくるのだ。

英語 When I am traveling in a carriage, or walking after a good meal, or during the night when I cannot sleep; it is on such occasions that ideas flow best and most abundantly.

アイデアは考えようと思えば思うほど、出てこないものです。

アイデアが最も出てくる状態は、脳内がリラックスしている時ですので、ふとした時にアイデアが湧き出てくれば、書き留める事が出来るようにノートやスマホのメモ帳を活用しましょう。

音楽家モーツアルトの名言その6 感性

他人の賞賛や非難など一切気にしない。自分自身の感性に従うのみだ。

英語 I pay no attention whatever to anybody’s praise or blame. I simply follow my own feelings.

周りは周り、自分は自分です。

まずは、自分の思う通りに行動するべきですし、行動を確固たるものにするためには、「信念」を持って行動するべきです。

音楽家ベートーベンの名言

音楽家 名言 ベートーベン

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、1770年~1827年に活躍したドイツ生まれの音楽家です。

ベートーベンは、大酒飲みの父に見出されて、4歳から虐待とも言えるほどの音楽のスパルタ教育を受け、アルコール依存症で失職した父の代わりに、父や兄弟の家計を支えています。

20代後半から難聴が悪化し、28歳の頃にはほとんど耳の聞こえない状態に陥りますが、苦悩を乗り越えてたくさんの作曲を行っている偉人です。

ベートーベンの代表曲には、

  • ピアノソナタ第14番『月光』
  • ピアノソナタ第23番『熱情』
  • 交響曲第3番『英雄』
  • 交響曲第5番『運命』
  • ピアノ協奏曲第5番変ホ長調『皇帝』
  • ヴァイオリン協奏曲
  • エグモント序曲
  • コリオラン序曲
  • 序曲「レオノーレ」第3番

などがあります。

そんな数奇な運命をたどったベートーベンの名言や格言をいくつか集めてみました。

音楽家ベートーベンの名言その1 才能

大志ある才能と勤勉さの前に「ここより先は進入禁止」の柵は立てられない。

英語 The barriers are not erected which can say to aspiring talents and industry, “Thus far and no farther.”

人が学びを得たり、大きな夢や志を持つのに、他の人から妨害を受けたり、立ち止まらせる事は、何人たりとも許される行為ではありません。

自らの才能を奮い立たせ、大きな夢や志を成功させましょう。

音楽家ベートーベンの名言その2 音楽

音楽とは精神と感覚の世界を結ぶ媒介のようなものである。

英語 Music is the mediator between the spiritual and the sensual life.

音楽を通して、心と身体が結びつく、そんな間隔をベートーベンは持っていたのでしょうか。

偉大な音楽家ならではの感覚だと思いますが、少しでも理解出来るようになっていきたいものですね。

音楽家ベートーベンの名言その3 愛

君の愛は、私を最も幸せな男にするのと同時に最も不幸な男にもする。

英語 Your love makes me at once the happiest and the unhappiest of men.

様々な受け取り方が出来る名言ですが、私の解釈としては、本当に好きすぎる恋人の事を思った彼が、そこまで思われすぎる事に戸惑いを受けている印象を抱きました。

音楽家ベートーベンの名言その4 スープ

純粋な心だけが美味しいスープを作る。

英語 Only the pure in heart can make a good soup.

天皇の料理番というドラマのセリフで、

「料理は真心だ。技術は追いつかないこともある。素材は望み通りにいかないこともある。けど、真心だけは、てめえ次第で、いつでも最高のものを出すことができる。

爪を短くすること。ナベを丁寧に洗うこと。皿を磨くこと。包丁を整えること。

そういうことは、確実にできる。それすらできんやつは、まともな料理を作れるとはオレには思えない」

という言葉を残していますが、ベートーベンの名言も同じような意味で使われていたのでしょうか。

何をおいても、料理は真心で決まりますよね。

音楽家ベートーベンの名言その5 不死

不死の心を持つ我々人間は、苦悩と歓喜の為だけに生まれる。その中で最も優れた者は、苦悩を突き抜けて、歓喜を勝ち得ると言えるだろう。

英語 We mortals with immortal minds are only born for sufferings and joys, and one could almost say that the most excellent receive joy through sufferings.

ベートーベンは、人間の心を不死であると考えていたのでしょうか。

我々には解明されていない謎がたくさんありますが、一つだけ言えるのは、人間生きている間に、苦悩もあれば歓喜も当然にあるもので、感情に流されていてはいけないという事が分かるのでは無いでしょうか。

音楽家ドビュッシーの名言

音楽家 ドビュッシー 名言

「現代音楽の祖」と呼ばれ、19世紀にフランスの音楽家として活躍したクロード・ドビュッシー 。

主な代表曲には、

  • 月の光
  • 亜麻色の髪の乙女
  • アラベスク1番
  • 牧神の午後への前奏曲
  • 版画
  • 喜びの島
  • 夜想曲

などがありますが、ドビュッシーの名言や格言の言葉をいくつか紹介していきます。

音楽家ドビュッシーの名言その1 音楽家

音楽家は身のまわりにある無数の自然のざわめきを聞こうともしない。

実に多様な自然の音楽、聞く気さえあればたっぷり与えてくれる自然の音楽、そういうものには気を配ろうともしない。

英語 Musicians do not listen to the myriad of natural noises that surround them.

I don’t care about a wide variety of natural music, or the kind of natural music that gives me plenty if I want to listen to it.

ドビュッシーは、従来の音楽感性に囚われる事なく、独自の感性を大切にしてきました。

そのため、世の中に自然にある音などにも注目し、気を配っていたという事が分かる名言です。

音楽家ドビュッシーの名言その2 科学的なもの

音楽から科学的なものを取り除かなければならない。

英語 Musical science must be removed.

音楽を自然に愉しむという姿勢をドビュッシーは教えたかったのかもしれない・・と思う名言です。

科学的な評価ではなく、音楽そのものの価値を高めようと考えたのでは無いでしょうか。

音楽家ドビュッシーの名言その3 作品

作品がルールを生む。ルールは作品を生まない

英語 The work creates the rules. Rules do not produce work

代表作である「海」や「夜想曲」は、当時は型破りな曲として知られていましたので、音楽の決まり事を取っ払いたかったのかもしれませんね。

音楽家ドビュッシーの名言その4

言葉で表現できなくなったとき、音楽が始まる。

英語 When words can no longer be expressed, music begins.

言葉でのやりとりも大切ですが、音楽など私達の持つ感情など五感をフル活用する事で、表現方法に選択肢が生まれるのでは無いでしょうか。

音楽家ドビュッシーの名言その5 音の算術

光学が光の幾何学であるように、音楽は音の算術である。

英語 Music is the arithmetic of sound, just as optics is the geometry of light.

音楽は芸術であると同時に、音楽は算数のように学問である事をドビュッシーは教えてくれているのでしょうか。

音の算術という言葉自体が、圧巻の名言ですね。

音楽家プーランクの名言

音楽家 プーランク 名言

フランシス・プーランクは、1899年~1963年にフランスで活躍した作曲家です。

オペラ、バレエ音楽、オーケストラ音楽を含むあらゆる主要な音楽ジャンルの楽曲や作曲をした事でも有名な偉人です。

主な代表曲は、

  • フルート・ソナタ
  • オーボエ・ソナタ
  • エディット・ピアフを讃えて
  • メランコリー

などがありますが、プーランクの名言や格言の言葉をいくつかご紹介します。

音楽家プーランクの名言その1 音楽

私の音楽を分析するな、愛せよ!

英語 Do not analyze my music, love me!

音楽は分析するものや評価するものではない、あくまで音楽は聴くもので、愛するものである事をプーランクが教えてくれる名言です。

ほんの少し音楽を、優しさをいっぱい、そして沈黙

英語 Just a little music, full of kindness, and silence

音楽の前には言葉は要らないのかもしれません。

音楽を聞いて、優しさに触れる事ができれば、あとは噛みしめるだけという意味でしょうか。

音楽家チャイコフスキーの名言

音楽家 チャイコフスキー 名言

ピョートル・チャイコフスキーは、1840年~1893年に活躍したロシア生まれの作曲家です。

チャイコフスキーは、同性愛者として知られていますが、その美しい音楽の代表曲には

  • ピアノ協奏曲 第一楽章
  • 白鳥の湖
  • 眠れる森の美女
  • くるみ割り人形

といった、テレビCMなどでも使われる名曲が揃いますが、ここではチャイコフスキーの名言や格言をいくつかご紹介します。

音楽家チャイコフスキーの名言その1 インスピレーション

インスピレーションにかきたてられた音楽家の心の奥底から流れ出た音楽だけが、人の心を打ち、感銘や感動を与えることができるのです。

英語 The only music capable of moving and touching us is that which flows from the depths of a composer’s soul when he is stirred by inspiration.

努力を重ねていく中で生まれる音楽にこそ、インスピレーションが生まれるのでしょう。

思いつきでは、人の心を動かす事が出来ないという意味でしょうか。

それでも、何もしないよりは、とにかく色々と試していくうちに精度が上がっていくものもありますので、まずは色々と試し、多くの人を巻き込むようにしてみましょう。

インスピレーションは、怠けている者のもとには、決してやってこないものである。

Inspiration is a guest which does not willingly visit the lazy.

音楽は一つ一つの音の組み合わせで出来る奇跡と言っても良いです。

音楽家チャイコフスキーの名言その2 センス

何も考えずに出来ることは決してありませんし、考え抜かれたセンス溢れるものの中にしか、音楽は生まれないのです。

過去を悔やむ。未来に希望を持つ。そして現在に決して満足しない。それが私のこれまでの人生でやってきたことだ。

英語 To Regret the Past,To Hope in the Future,And never to be satisfied with the Present.

That is what I spend my whole life doing.

現状に満足したり、安定しがみついているようでは、良い未来は生まれません。

まずは、過去を悔やまず、今目の前の事に集中し取り組む事から始めてみてはいかがでしょうか。

今ここに集中するアイデア、マインドフルネスをまとめています

音楽家チャイコフスキーの名言その3 自尊心

我々は常に働かなければならない。

そして、自尊心を持った芸術家は、その気にならないという口実をもって、自分の手を停めていてはならない。

We must always work,

and a self-respecting artist must not fold his hands on the pretext that he is not in the mood.

自分の手を停めた瞬間、全ては言い訳に変わります。

どんなに苦難の道であっても、成功するまでひたすらチャレンジする事、そして目標とする頂きを目指し、頂きに届けば、次の頂きを目指す。

という事を繰り返し行う事で、常に社会に貢献していきましょう。

音楽家の名言 その他の偉人たちの言葉

ここまで紹介した、歴史に名を残す有名な音楽家の他にも、たくさんの音楽家の名言がありますので、いくつかご紹介していきます。

ヘルマン・ヘッセの名言

詩は音楽にならなかった言葉であり、音楽は言葉にならなかった詩である。

言葉では伝えられないものを伝える事が出来る、音にはそれだけの魅力がある事が分かる名言です。

マイルス・デイヴィスの名言

音楽は、それだけで何かを語るものだ。

ヘッセと同じく、音楽は音楽そのものだけで言葉に変わる働きを出来るという事を示した名言です。

マイケル・ジャクソンの名言

どうやって音楽を作っているのかと尋ねられたとき、ただ音楽の中に踏み入るだけだと答えます。

それは川の中に足を踏み入れて、流れに身を任すようなもの。川の中のすべての瞬間が、それぞれの歌を持っている。

マイケル・ジャクソンの感覚なのでしょうか。

凡人の私には理解できないのですが、とにかく時や場面に身を任せ、自然体でいる時の歌が一番良いという事なのでしょうか。

ソローの名言

音楽は音の結晶である。

名言の印がとてもきれいに感じたので紹介しました。

音の結晶、つまり宝石にも勝るとも劣らない価値があるものであるという意味で捉えました。

小澤征爾の名言

本当の音楽をしていれば、絶対に報われないということはない。

どの世界でも、結局生き残ることが出来るのは「本物である事」である事を教えてくれる名言です。

ライセンスや資格も大切ですが、本物を常に追求する探究心や向上心は失ってはいけませんね。

ウィリアムズジェームズの名言

人は幸せだから歌うのではない。歌うから幸せなのだ。

音楽家ではありませんが、とても良い名言だと思いましたので紹介させて頂きました。

人は笑う、歌う時に悲しい事を考える事は出来ません。

幸せな気持ちになりたければ、素直になれば良いだけです。

今までにやってきた中で、幸せな気持ちを味わえたことをするだけで、私の場合は、笑ったり、歌ったりしている時は、幸福感が満ちていますので、これからも幸せな気持ちを満たしたい場合は、同じ事を繰り返すでしょう。

音楽家の名言【英語付き】有名な作詞家の言葉 まとめ

音楽家独自の感性の多い名言や格言、音楽にまつわる格言というところで、人生のヒントにするにはやや直接的ではない事はあるかもしれません。

しかし、あらゆるジャンルの天才たちの名言などに触れておく事で、物事の見方を多角化する事が出来ますし、時に違った視点で見た時に、新しい発見が出来ることもあります。

あなたがもし、人生に悩んだり、ヒントが欲しいという時は、あなたが比較的受け入れやすいジャンルの名言などに触れるのも良い事だと思います。

その上で、馴染みのないジャンルにも少し触れてみるという事も、時には良いのかもしれません。

何より、音楽を聴くだけで元気をもらえたり、勇気を分けてもらえる事もありますので、過去の偉人の言葉や音楽に積極的に触れていただければと思います。

【無料特典付き】ビジネスマインドを磨くLINE無料講座が受講できます

あなたの潜在意識を引き出し、自己実現を叶えるためのビジネスマインド大学で考案した「サーバント(奉仕型)マーケティング無料講座」を無料LINE講座で受講が可能です

 

【私のサポートを受けた人たちの成果は…】
最高月収100万超え2人、50万以上1人、30万以上1人、20万以上2人、5万以上1人など…

自由な人生を歩み始めています。

【無料動画プレゼント】飲食店はじめる前に是非受け取って下さい。

With&Afterコロナ禍の新しい社会スタイルとして、

・ソーシャルディスタンスの確保

・三密を避けたビジネスモデルの推進

・おうち時間を大切にする心境の変化

に対して、キッチンカーの需要が急上昇中です。

 

固定店舗を持たずに、移動式で新しい需要を掴むチャンスが巡ってきています。

期間限定で、キッチンカーを始める方に知っておいてほしい7つのステップを無料動画講座をプレゼントしお伝えしています。