カリギュラ効果とはなぜ起きる?ビジネス、恋愛、ダイエットにも応用が可能?例や論文から解説!

カリギュラ効果

カリギュラ効果と呼ばれる心理効果がありますが、学術的な解説では「心理的リアクタンス」と呼ばれています。

カリギュラ効果とは、なぜ起きるのか?例や論文など根拠を示した上で解説します。

また、ビジネス、恋愛、ダイエットなどに使える事例も合わせてまとめましたので、参考にして下さい。

カリギュラ効果とは何?由来や論文を紹介

カリギュラ効果とは

カリギュラ効果とは、禁止されればされるほど、やってみたくなる心理現象の事を言います。

あなたは、閲覧制限をされたり、「あなたは見てはいけない」と自由を制限されると、余計に見たくなる心情を味わった事はありませんか?

カリギュラ効果は、私達の身近な心理状態で働きやすいものなのですが、カリギュラ効果の現象を発見したのは、1980年のアメリカ・イタリアの合作映画「カリギュラ」が由来になっています。

映画「カリギュラ」は、ローマ帝国の皇帝カリグラをモデルにしたもので、内容があまりに過激だったため、一部の地域で公開禁止される事になり、かえって話題作として人々の気を惹くことになった作品です。

カリギュラ効果の語源と言っても良い広告表現として、かつては

「ボストンでは禁止(Banned in Boston)」

という慣用句まであったというのですから、カリギュラがいかに衝撃な話題作だったのか?というのは想像に難くないですね。

カリギュラ効果は、ゴリ押しや無理強いの営業のない、乗り越えられるレベルの禁止に抵抗する「顧客の自由選択を意識させた時」に一番強く働くと言われています。

カリギュラ効果にまつわる論文と心理的リアクタンス

カリギュラ効果 論文

カリギュラ効果と同じ効果とされているのが、「心理的リアクタンス」と呼ばれる状態なのですが、リアクタンスとは「反発」という意味があります。

つまり、心理的リアクタンスとは、

自由を制限されると、その自由を取り戻そうとする心理現象

という意味で、心理学者のジャックブレームによって提唱されました。

ここで、心理的リアクタンスが起きる事例として、あなたも経験があるかもしれない事例をいくつかご紹介しまよう。

その1 親から命令される

「勉強しなさい」

「宿題はやったの?」

と言われると、逆にやる気がなくなり、自由を制限されたと感じ、余計にやりたくなくなるというものです。

その2 袋とじ

袋とじも、カリギュラ効果や心理的リアクタンスを狙ったような効果があります。

購入するまで、袋とじを開ける事ができず、隠された情報ほど気になり、真っ先に袋とじを開ける男性の方は少なくないのでは無いでしょうか?

カリギュラ効果の逆もあり?

カリギュラ効果 逆

カリギュラ効果や心理的リアクタンスが、禁止すればするほど気になるという効果に対し、その逆にやってほしいと言われるとやりたくなくなったり、見てほしいと言われると見たくなくなる・・

そんな経験をされた事はありませんか?

この効果の事を社会心理学者のディシは「自己決定感の阻害」と表しており、自分の行動は、自分で決めたいのに、阻害される事でやる気を失うというものを表しています。

先程までやる気があったのに、急にやる気を失うといった子供の心情には、このような阻害要因が隠れている可能性は十分に考えられます。

カリギュラ効果を効果的に使った広告事例

カリギュラ効果を上手く使った広告事例をいくつがご紹介していきましょう。

カリギュラ効果の広告事例その1 映画サスペリア

カリギュラ効果 広告

1977年イタリアのホラー映画「サスペリア」が話題作となりましたが、この広告のキャッチコピーに用いられたのが、「決してひとりでは見ないでください」です。

近年のホラー映画などでも、同じような表現がされていたりしますが、ホラー映画界のキャッチコピーを変えた作品では無いでしょうか。

カリギュラ効果の広告事例その2 化粧品ドモホルンリンクル

ドモホルンリンクルのCMは世間に衝撃を与えました。

企業は商品やサービスを販売するのが当たり前の行為ですが、ドモホルンリンクルは「ドモホルンリンクルは、初めての方にはお売りできません」と購入を勧めないのです。

商品に自信があるからこそ、まずは無料お試しから始めて頂く事を目的にしていますので、初めての方に販売する事はありません。

しかし、無料お試しからと伝えるよりは、広告表現を少し変えるだけで、逆に興味を惹く秀逸なキャッチコピーと言えるのでは無いでしょうか。

カリギュラ効果の広告事例その3 ダチョウ倶楽部

カリギュラ効果 ダチョウ倶楽部

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが、ゲーム「モンスターストライク」の広告で表現したのが「絶対にモンストやるなよ」でした。

モンストのCMを見て、上島竜兵さんに絶対やるなよと言われてしまうと、逆にやりたくなってくると気になるのは当然です。

ダウンロードをして一回やってみようという気を起こすのも当然と言えますね。

カリギュラ効果ビジネス、ダイエットでの参考事例

カリギュラ効果 ダイエット

ここまでカリギュラ効果とは何か?実際の広告事例などを交えて解説してきましたが、ここからはビジネス、恋愛、ダイエットなど、身近に使えるものがあるか?を事例を交えて紹介してきます。

カリギュラ効果の参考事例その1 飲食店

味が分かる一流のお客様だけ、お待ちしております!

有名店のキャッチコピーですが、広告を使ってターゲットを絞り込みたい意図で造られた文章ですが、実はこの裏側には、自分の事を最大限にもてなしてくれるという店舗を探している人をターゲットにしています。

人は、特別感を得たいもので、その心理効果を引き出すのに、このキャッチコピーは秀逸な内容では無いでしょうか。

その他に、有名なフレーズとして

一見さんお断り

があります。

一見さんお断りと聞くと、なぜか余計に気になり、誰かの紹介を受けてでも行きたくなる・・そんな心理状態にならないでしょうか?

まさに、カリギュラ効果を上手く使ったコピーだと言えます。

カリギュラ効果の参考事例その2 スイーツ

ついつい食べ過ぎるので、甘党の方はご遠慮ください。

チョコレートのキャッチコピーですが、ギャップを上手く使って相手の心理効果を引き出しています。

食べすぎてしまうという表現自体が、美味しいであったり、お気に入りという意味合いを心理的に含んでいるので、広告を読んだ人が勝手に創造を広げやすいのでは無いでしょうか。

ダイエットをしたい人にとって、これらの広告は天敵となるのでは無いでしょうか・・

カリギュラ効果の参考事例その3 閲覧注意、悪用厳禁、警告、注意のキーワード

ビジネスに応用が可能な事例として、今日から使えるキーワードをいくつかご紹介します。

ブログ、広告などで

  • 閲覧注意
  • 悪用厳禁
  • 警告
  • 注意

といったタイトルを付けて気を惹くパターンがありますが、これらもカリギュラ効果を使ったものです。

「禁止されているからこそ、逆に気になる」

という心理を上手く使っており、その他にも、「秘密」、「内緒」、「ここだけの話ですが」、「本当の話」、といった禁止まで至らなくても、制限や限定性というものは、自分も知りたいという気持ちを煽ります。

カリギュラ効果と恋愛、浮気、不倫の関連性

カリギュラ効果 恋愛

カリギュラ効果は、禁止されたり、制限されると、人は逆に求めてしまうという心理というところからいくと、恋愛も男女の心理が深く関わるという点では応用が可能です。

また、浮気や不倫の関係が成り立つのも、実はカリギュラ効果の心理状態が表していると言えるのでは無いでしょうか。

本題に戻りますが、恋愛関係において、カリギュラ効果を上手く活用するにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、カリギュラ効果が発動される要件をいくつかまとめてみました。

カリギュラ効果を恋愛に応用その1 相手が求めている状態

カリギュラ効果とは、無意識状態でも選択肢がある状態でなければ、効果が発揮されません。

つまり、相手に興味がある状態、求められている状態でなければ、効果は限定的なのです。

興味のない異性から

「今日は連絡しないでね」

と言われても、ピンと来ないですよね?

むしろ、興味を持つ異性から

「今日は連絡しないでね」

と言われると、動揺したり、余計に連絡を取りたいと思うものでは無いでしょうか??

カリギュラ効果は、相手の興味を引いた状態で、禁止をしたり、小さな我慢をさせる事で、より欲求が燃え上がるという事はあるのです。

カリギュラ効果を恋愛に応用その2 相手の欲求を満たしすぎない

次の応用ですが、相手の欲求を満たしすぎず、翌日や次回に回すという事も大切です。

たとえば、夜に電話やLINEなどをしている相手に対し

「これ以上続けていると、楽しくて眠れないから、また明日ね」

と言った表現をしてあげると、相手の欲求は100%満たされる事がなかったり、次回に対しての期待感も高まります。

カリギュラ効果を恋愛に応用その3 関心の無いフリをする

本当は大好き・・だけど正攻法にいっても、決して相手にされないのでは??

という時に、あえて関心の無いフリをして、相手に気にさせる存在になるのも一つの方法です。

特に、相手がモテる人であればあるほど、「自分に関心を持たない人間はいない」と思っているものです。

そんな時に、自分に関心を持たない人が出てくると、相手も意識せずにはいられない状態を創る事も可能になります。

カリギュラ効果への対策法は?

カリギュラ効果 対策

カリギュラ効果は、心理効果を絶妙に操り、絶大な効果を発揮しますが、何も対策はないのか?と言えば、そんな事もありません。

カリギュラ効果の対策としては、

  • 代替策を用意する。
  • 気が済むまでやらせる。

というものです。

カリギュラ効果対策その1 代替策を用意

1つ目ですが、「代替策を用意」ですが、気になるものを他のものにすり替えるというものです。

たとえば、ダイエットをしていて、チョコレートを食べたい衝動が抑えられない時に、チョコレートを食べる代わりにリンゴを食べようといった方法です。

我慢して、欲求を満たさないのではなく、別の手段を用いてある程度欲求を満たしてしまうという事も良い考え方では無いでしょうか。

カリギュラ効果対策その2 気が済むまでやらせる

2つ目ですが、「気が済むまでやらせる」ですが、相手の欲求をとことん満たすというものです。

たとえば、子供がゲームをやめない場合に、「気が済むまでやっていいよ」と相手の欲求を満たすまで放置してしまうのも一つの方法です。

ただし、何も条件なく気が済むまでやって良いでは何もしなくなる可能性もあるので、「宿題や勉強をした後なら気が済むならやって良いよ」と言ってあげると良いのでは無いでしょうか。

カリギュラ効果のまとめ

カリギュラ効果 まとめ

いかがでしたでしょうか、カリギュラ効果はちょっとした言い回しを変える事で、相手の心理を動かす有効な手段です。

上手くビジネスや広告、キャッチコピーに応用すれば、それだけで売上を倍増する事も夢ではありません。

逆に、使い方を誤れば、相手に興味を惹くどころか、興味を削ぐことになりかねない事もありますので、注意が必要です。

カリギュラ効果を上手く活用し、相手の心理状態を上手く活用し、相手のやる気や意欲を引き出す手段にしていただければと思いますし、この記事の情報がお役に立てれば幸いです。

マーケティング心理学ザイオンス効果とは何?
マーケティング心理学同調現象とは何?
マーケティング心理学社会的証明の原理とは?