織田信長の有名な名言や格言の言葉の数々【英語付き】意味が分かると人生役に立つ20選

織田信長 名言

戦国武将で一、二を争うほど人気の織田信長。

大河ドラマや漫画、アニメなどで織田信長を題材にしたものは多いですが、有名な言葉は意味が分かると奥が深い名言や格言集になります。

桶狭間の戦いに勝ち、天下統一を成し遂げる前に本能寺の変で明智光秀に裏切られるまで、短い生涯に生まれた言葉から、人生に役立つヒントを見つけましょう。

織田信長はどんな人だったの?

織田信長

織田信長の性格や個性は大河ドラマや漫画などで、様々描かれていますが、実際はどんな人柄だったのか?から紹介していきましょう。

織田信長の性格

武士の息子に生まれた織田信長ですが、幼少期は「うつけもの=馬鹿者」と呼ばれていますが、理由としてはまげを結わず、浴衣を羽織り、身分の差関係なく町人とも遊び、非常識だったからだと言われています。

しかし、実際のところは個性は際立ちますが、立ち振舞いや威圧感は美濃の斎藤道三をも圧倒したと言います。

織田信長に「こいつはただ者ではない、美濃はこいつに譲る」と言い、娘の濃姫と政略結婚しています。

性格は好戦的だったり、残酷な一面もドラマなどを通して感じるところはありますが、実際に延暦寺を焼き払ったり、長島の一向一揆では農民にも手加減なしだったようです。

また、政治力にも優れており、特に人事面では能力がある人を重用した事でも知られています。

織田信長の有名な政策

織田信長の政策として

  • 楽市楽座
  • 関所の撤廃
  • 茶の湯を使った政治

が有名ですが、なかでも茶の湯を使った政治は、斬新なアイデアで「おもてなしの心」に繋がっていると見られます。

このような魅力的な政策や個人能力の重用主義などは評価できるのですが、一方で独断専行で決めてしまうところなどは、不人気でした。

最終的には本能寺の変で重用していた家臣・明智光秀の手によって自害へと追い込まれますが、年齢にして49年という短い生涯、天下統一前にしてこの世を去っています。

織田信長の有名な名言や格言【英語訳付き】

織田信長 名言

天下統一目前にして、自害に追い込まれた織田信長ですが、短い生涯の中でも、織田信長の言葉はたくさん残されています。

ここでは、有名な名言や格言の言葉をまとめて紹介していきます。

織田信長の名言その1 才能

生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ。

英語 A person who is naturally talented asks for it and neglects it. However, those who do not have a natural talent make an effort every day to acquire skills. The attitude is totally different. This is important.

才能がなければ、日々努力で才能ある者を凌駕すれば良いだけです。

才能が無いほうが、むしろ心構えが謙虚で、自惚れや、油断がない分、才能がある者を超えて活躍出来る可能性があります。

織田信長の名言その2 理想

理想を持ち、信念に生きよ。理想や信念を見失った者は、戦う前から負けているといえよう。そのような者は廃人と同じだ。

英語 Have an ideal and live in faith. Those who lose their ideals and beliefs can be said to have lost before the fight. Such a person is the same as a caveman.

経営でも同じですが、ビジョンやミッションがある会社とない会社では、その後の成績に大きな差を生じます。

ビジョン、ミッションの戦略と実行計画にあたる戦術の両方を考える際に、

  • WHAT(何のために)
  • WHY(なぜやるのか?)
  • HOW(どのようにして)

の3つの視点で考えてみると、ビジョンやミッションを見つけることが出来ますので、試してみて下さい。

織田信長の名言その3 光

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

英語 Only if you live desperately, will your life shine.

人生は限られた時間です、その限られた短い時間で光のように強い力を見せる事が出来るか、あなたの人生そのものを光り輝く眩しいものにしましょう。

織田信長の名言その4 一点集中

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。

英語 Consolidate your attacks into one point, don’t waste your time.

かのアレキサンダー大王も、ダリウス国王を撃破した時に、圧倒的に不利な戦況だったにも関わらず、撃破したのは、この一点集中された事にあります。

いわゆる「ランチェスター戦略」の事をアレキサンダー大王も織田信長も知っていたという事なのでしょう。

織田信長の名言その5 器用

器用というのは他人の思惑の逆をする者だ。

英語 Dexterity is the opposite of what others think.

器用な人とは何事も中途半端にできる人の事ではなく、相手の裏をかける人の事を指すというのが、織田信長の名言です。

相手の裏をかける能力は、相手の事を観察し、相手の嫌がるところを突ける人なのかもしれません。

織田信長の名言その6 臆病者

臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。

英語 In the eyes of the coward, the enemy always looks like a large army.

臆病になれば、不安な気持ちに支配され、視野が狭まっていきます。

常に平常心に努め、冷静に判断できる心の状態である事が必要です。

織田信長の名言その7 仕事

仕事は探してやるものだ。自分が創り出すものだ。与えられた仕事だけをやるのは雑兵だ。

英語 A job is something to look for. It’s something you create. It is the men who do only the jobs they are given.

仕事を与えられた範囲しかできないのでは、相手の心を上回る事は出来ません。

相手の心を動かし、感動を与えるには、自分で仕事を創り、貢献する事こそが必要です。

織田信長の名言その8 恃む

恃(たの)むところにある者は、恃むもののために滅びる。

英語 Those who are in love will perish for what they hold.

「何かに頼る者は、その頼ったものの為にかえって身を滅ぼすことになる」という意味で使われた織田信長の名言ですが、人を頼りにするのも良いですが、頼り過ぎも良く有りません。

自らを滅ぼすことがないように、適材適所を配置して、自分自身で出来る事は、自分で行うように心掛けましょう。

織田信長の名言その9 忠実

組織に貢献してくれるのは優秀な者よりも能力は並の上だが、忠実な者の方だ。

英語 It is the loyal person who contributes to the organization though the ability is mediocre than the excellent person.

組織として考えた場合に、優秀な人間も必要ですが、優秀な人間ばかりでは良い組織運営にはなりません。

能力があるだけでなく、信頼と忠実な組織体制でいられるかどうかは大切なポイントです。

織田信長の名言その10 人を用ふるの者

人を用ふるの者は、能否を択ぶべし、何ぞ新故を論ぜん。

英語 Those who use people should choose whether they are capable or not, and why they are new.

織田信長の人選を表す名言ですが、

「人を用いる者は、才能の有無で選ぶべきだ。 奉公年数の長さで論ずべきではない。」

という意味です。

奉公した忠実さや年数も大切ですが、才能があるか無いか?で身分に関係なく登用した織田信長らしい名言です。

織田信長の名言その11 人と気を働かす

人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。

英語 A person is good at working his heart and mind. Just because you can’t say something to you isn’t helpful if you just leave. On that point, you noticed the dust and picked it up. I am very impressed.

用を言いつけられた事だけをやるようでは、大して意味がありません。

それ以上に、心を配り、相手の事を考えて何をすれば喜ばれるか?を考えてこそ、価値ある仕事ができるのです。

織田信長の名言その12 戦

戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。比例するかそうでないかは戦術、つまり自身にかかっているのだ。

英語 Whether or not you win a battle is not necessarily proportional to your strength. It depends on the tactic, that is, whether it is proportional or not.

兵力が有利な場合でも、必ずしも戦に勝てるわけではありません。

戦に勝てるかどうかは、武将の智力も必要で、織田信長は桶狭間の戦いで最強の騎馬軍団であった武田軍を火縄銃を使って撃破するなど、アイデア溢れる武人だったようです。

武田勝頼の父、武田信玄の名言をまとめています。

織田信長の名言13 城

人城を頼らば 城人を捨てん

英語 If you ask for a castle

「人は城を頼りにするが、城は人の為に何かをする訳ではない」

という意味の言葉ですが、城にいれば必ずしも安全というわけではなく、城も一つのモノであって、最後に戦に勝つのは「人の力」という事を示した織田信長の名言です。

織田信長の名言14 勝負

およそ勝負は時の運によるもので、計画して勝てるものではない。功名は武士の本意とはいっても、そのあり方によるものだ。いまその方の功名は軽率な動きである。

一方の大将となろうとする者は、そのような功名を願ってはならぬ。身の危ういのをかえりみないのは、それほど手柄と言うことはできない。今後はこの心を忘れるな。

英語 Approximately the game depends on the luck of time, it is not something you can plan and win. Even though the sacred name is the samurai’s true intention, it depends on how it is. The merits of that person now are careless movements.

Anyone who wants to become one of the generals must not ask for such a commendation. It cannot be said that it is a credit to not look back at the danger. Don’t forget this heart from now on.

どれだけ優秀な武将でも100戦100勝はありえません。

どれだけ完璧な計画であっても、勝てるものでなく、武功を焦るなという事を諭した織田信長の名言です。

手柄を立てる事も大事ですが、大局を見て、今何をなすべきなのか?をしっかりと考えましょう。

織田信長の名言その15 愚かな間違い

愚かな間違いを犯したらたとえ生きて帰ってきてもワシの目の前に姿を見せるな。

英語 If you make a stupid mistake, don’t show up in front of me even if you come back alive.

人間、誰しも間違いは犯すものですが、間違いにも愚かなとつくミスとは何か?を考えてみた時、私なりに思うのが「想定できるミス=凡ミス」の事では無いでしょうか。

凡ミスを犯した家臣には、他の家臣への見せしめもあったのでしょう、厳しい態度で臨むのが織田信長流と言えます。

織田信長の名言その16 人間50年

人間の50年の生涯は儚いものだ。死なない者は存在しない。

英語 Human life of 50 years is ephemeral. There is no one who does not die.

短い人生、その間に何が出来るか?そんなに多くの事を達成する事は出来ません。

人はみな死ぬ事がわかっていれば、今何をなすべきか?を考えましょう。

織田信長の名言その17 ホトトギス

鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

英語 If you don’t cry, kill me. Hototogisu

ホトトギスを題材にした名言は、戦国の有名三武将も残しており、

  • 「鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」(豊臣秀吉)
  • 「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」(徳川家康)

とそれぞれの性格や個性が表れている名言です。

織田信長のホトトギスを引用した名言は、残忍な一面も見せますが、能力の開花を期待されていて、芽が出ないのであれば、スパッと切り替えるあたりは、さすがの一言ですね。

織田信長の名言その18 桶狭間

「人間五十年、下天の内を比ぶれば、夢幻の如くなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか」

英語 It’s like a fantasy when you compare the human beings for 50 years. Should there be one who is once born and cannot be destroyed?

「敦盛」という歌の一節で

「人の世の50年は、下天界(六欲天の最下位)と比べたら、その一昼夜に過ぎないほど短く儚い。一度生を得た者で、滅せぬ者があるだろうか?」

という意味で謳ったものですが、一生は一度切りだという事を忘れずに、やるべき事、成すべき事を成し遂げたいものですね。

織田信長の名言その19 能

「およそ舞楽は金銀を費やし、家業を忘れ、乱国の本也、主将が好んでこれを用うべからず」

英語 Approximately Mairaku spends gold and silver, forgets the family business, and Honya and the captain of the rebellious country should not use it

嫡男・織田信忠が能に夢中本業を疎かにする事もあったようですが、この事を知った織田信長が信忠を叱るのに使った言葉がこちらです。

趣味や特技に時間を費やすのは良い事ですが、本業を忘れて取り組む事はあってはならない事だという事を忘れないようにしましょう。

織田信長の名言その20 本能寺の変

これは謀反か、いかなる者の企てぞ! 是非に及ばず!

英語 This is a rebellion, or anyone’s plot! By all means!

織田信長の辞世の句になったのが、本能寺の変での言葉になります。

側にいた森蘭丸が、「明智が者と見え中し候」といった時に、「是非に及ばず」と言い、仕方のない事だという言葉を残したのです。

織田信長は、いつか明智光秀たち家臣の謀反が起きると予測していたのでしょうか??

織田信長が、天下統一を成し遂げていたのであれば、また違った天下で豊臣秀吉や徳川家康たちの天下統一は夢となっていたかもしれませんね。

織田信長を題材にしたドラマやアニメ化作品の名言

織田信長 ドラマ 名言

ここまでは歴史上の遺された名言でしたが、織田信長を題材にしたドラマ、映画、アニメがいくつも存在しますので、ここではそれぞれの有名なフレーズを紹介したいと思います。

信長協奏曲 織田信長の名言

小栗旬さんが演じた信長協奏曲での名言をいくつかピックアップしました。

妻・帰蝶に対して

「あげようか、結婚式」「俺と一緒に生きてください」

と言ったシーンは、とても心に残るシーンです。

本能寺ホテル 織田信長の名言

堤真一さんが織田信長訳、現代からやってきた綾瀬はるかと出演した映画「本能寺ホテル」の中で、堤真一さんが放った一言

できることやのうて「やりたいこと」

という言葉は、心に残る一シーンです。

出来ることは誰にでもある事かもしれませんが、あなたがやりたい事をやるために、逆に「やりたくない事を明確にする」事が大事です。

戦国無双 織田信長の名言

アニメやゲームで人気の「戦国無双」で織田信長の発するセリフをいくつか集めました。

  • 「圧倒せよ!」
  • 「蹴散らせ!」
  • 「ふん、手強いようだな…」
  • 「敵将、討ち取った~!」
  • 「見事な腕だな!」
  • 「このまま押し切る!」
  • 「うぬこそ、天下に名高き兵であるな!」
  • 「儂こそ、古今無双の武士よ!」
  • 「うぬこそ、古今無双の武士であろう!」
  • 「ふっ、押されておるか・・・」
  • 「このままではいかんな・・・」
  • 「援軍を回せ!」
  • 「なかなかやるようだな・・・」

織田信長の有名な名言や格言の言葉の数々【英語付き】意味が分かると人生役に立つ20選  まとめ

織田信長 名言 まとめ

戦国武将で最強と謳われる、織田信長だからこその力強いブレのない言葉の数々いかがでしたでしょうか?

織田信長は、男性人気の高い武将ですが、なぜ男性人気が高いのか?も今回ご紹介した名言の数々を見ると一目瞭然ですね。

織田信長のように、男らしくアイデア溢れる自由な発想力を持ち、自分の目標達成のためには、時に非情になる事もありますが、実力があれば登用され、重用されるメリハリのある人物である事も、言葉を通しても分かります。

あなたの人生をより良いものにするためのヒントに、織田信長の言葉が役立てばと思います。

【無料特典付き】ビジネスマインドを磨くLINE無料講座が受講できます

あなたの潜在意識を引き出し、自己実現を叶えるためのビジネスマインド大学で考案した「サーバント(奉仕型)マーケティング無料講座」を無料LINE講座で受講が可能です

 

【私のサポートを受けた人たちの成果は…】
最高月収100万超え2人、50万以上1人、30万以上1人、20万以上2人、5万以上1人など…

自由な人生を歩み始めています。