【ポジショニングマップ】正しい軸の取り方&作成法を具体的に解説!

市場において自社が展開している製品はもちろん、自社の存在自体に至るまで目を向けて立ち位置を今一度客観的に把握する事をポジショニングマップと呼びます。

今、手がけているが故に身近に感じている物事を消費者の目線で見られるようになる様子から、ますます独自性や売上が向上させられます。

また、今日においては消費者が求めているのは個々の利用の目的に合っている製品や買い求めやすい価格で展開されている製品に限らず、商品が作られたストーリーなどについても合わせて重きが置かれています。

そのため、ポジショニングマップを手がけて立ち位置を理解すれば、競合他社とは違う独自の存在感や強みが理解できるようになるので、ストーリー性があるサービスの展開ができます。

ポジショニングマップの作り方・正しい軸の取り方


ポジショニングマップにおいて基本になるのは縦方向に伸びる軸と共に横方向に伸びている軸も手がける様子であり、縦と横にそれぞれ設定するのは対象の物事によって異なります。

そのため、対象の物が道具などであれば縦に機能性を設定して横にデザイン性を設定すれば、自社の存在はもとより自社が手がけている製品の位置が理解できるようになりますし、同じ目的や用途であっても競合他社との違いが明瞭化します。

また、対象の物が道具ではなく食品である事例には縦の軸における上方向に甘みを設けて下方向にはあっさりとした後味といった相反する内容にしましょう。

さらに、横の軸には口に含んで噛んだ時の食感を対象にすべく柔らかさやしっかりとした歯ごたえといった情報を設定します。

そのように縦と横でそれぞれ相反する内容にしつつ、競合他社の商品と自社の商品を適する場所に配置しておけば立ち位置がわかって、より良いアプローチの方法もしやすくなります。

ポジショニングマップの活用事例・活用ポイント!


ポジショニングマップは、一見すると行っている仕事や開発製造している製品が同じ意味や役割を持っている自社製品と競合他社の製品の差異点がはっきりとさせられるのと同時に、まだ熱心にアプローチが行われていない部分が理解できるきっかけになります。

そのため、自転車を手がけている企業の場合は縦の軸に凝ったデザインとシンプルなデザインという情報を設定し、横の軸には街に適したタイプと競技に特化したタイプを設定しましょう。

そのような設定をしてポジショニングマップを作れば、消費者に届けやすい商品が明瞭化したり消費者が求めている製品がはっきりとしやすくなるため、同時に販売促進のために行うべくアプローチも見いだせます。

デザインはもちろん、競技にも十分に対応できる車両ならキャッチコピーや説明などはベテランでもわかる込み入った内容にし、街で気軽に乗れるタイプなら親しみが感じられる様子にすれば男性や女性、子供に至るまで目を向けてくれます。

ポジショニングマップを使ったマーケティング法


ポジショニングマップを活用してマーケティングを進めていく時に大切なのは、手がけている製品などがいかに隙間に入り込めるかという事です。

上手に隙間を見つけて入り込む事ができれば唯一無二の存在になれますし、製品が企業自体の存在感の向上に直接的に役立ってくれます。

また、今日では技術の向上に伴って開発できる製品の効能や性質などについても高まっています。

優れた製品が生み出せてまだ競合する物がそう多くないのなら、意識的に共存をする方向に目を向けるのも大切です。

ポジショニングマップは隙間が見つけられるが故に共存ができる方法を見出すきっかけにもなります。

専門性が高い物と気軽に触れられる物の間に、それぞれの良い所を合わせた製品を生み出して販売すれば、自社がこれまでも販売してきている製品を守りながら新製品も支持してもらえるようになります。

さらに、ポジショニングマップは高い頻度で見直したり作り直すようにすれば、刻々と変化するマーケットに柔軟に対応できるのでは無いでしょうか。

【無料プレゼント】LINEお友だち追加でオンライン化の秘訣をまとめた動画プレゼント中

私が起業すると言った時、みんな笑い出しました・・・

 

でも稼ぎ続けた事を教えだすと、私の元に連絡が来るようになりました。

 

ホームページやSNSを作っただけで活用できておらず、売上に繋がらない・・・

 

そんな、個人事業主やひとり社長へオンラインだけで累計2億円以上の売上を達成した経験をもとに、

 

最短3ヶ月で集客からセールスまでオンラインで仕組み化し、

 

月商200万円以上売れ続けるオンラインでビジネスを仕組み化する秘密を無料動画プレゼントしています。

 

【私のサポートを受けた人たちの成果は・・・】

最高月収100万円超え2人、50万円以上1人、30万円以上1人、20万円以上2人、5万円以上1人など・・・

 

自由な人生を歩み始めています。

 

▼▼こちらをクリック▼▼