仕事人間はつまらない?迷惑者?心理的な特徴や性格をチェックしよう

仕事人間

仕事人間という言葉がありますが、仕事に打ち込み、仕事に人生を捧げる事がつまらない人生と言えるのでしょうか?

仕事人間の心理状態、性格や特徴はどんなところに現れるのか?

チェックする事で迷惑者、邪魔者扱いされず、仕事で頼られるデキる人へとなるにはどうすれば良いか?のヒントを手に入れましょう。

仕事人間の特徴と心理状態

仕事人間 特徴

仕事人間という言葉は、ストイックに仕事をしていて、あまりプライベートがない人という意味でよく用いられます。

もちろん誉め言葉にもなりますが、ネガティブな印象を持たれることも多いものです。

また、客観的な仕事人間に対するイメージと、実際に周囲から仕事人間と呼ばれる人の心理状態は大きく異なります。

仕事人間とは、どういった特徴の人を指し、その心理状態はどのようになっているのでしょうか。探ってみましょう。

仕事人間の特徴

まずは、世間一般が思う仕事人間の客観的なイメージを挙げてみましょう。

仕事人間の行動イメージですが、

  •  仕事にしか時間を割かない
  •  仕事の話しかしない
  •  仕事以外に趣味がない
  •  仕事に妥協したり、途中で投げ出したりしない
  • 仕事にしか時間を割かない

などのイメージが挙げられますが、仕事人間は、残業や休日出勤を繰り返し、プライベートの時間を作りません。

家族や恋人、友人との約束よりも、仕事を第一優先事項とします。

具体的な行動の特徴ですが、

「 仕事の話しかしない」

仕事人間は、基本的に仕事ばかりしていますが、就業後や休みの日でも仕事のことで頭がいっぱいです。必然的に会話の内容も仕事関係の話になるのが特徴の一つです。

「仕事以外に趣味がない」

仕事人間は、いつも仕事をしているか仕事のことを考えているので、仕事以外のことに興味がありません。趣味を楽しもうという発想すらないか、そんな余裕がないのが特徴の一つです。

「仕事に妥協したり、途中で投げ出したりしない」

仕事人間は、仕事の質にもこだわります。他の担当者であれば簡単に終わる仕事も、仕事人間の手にかかれば、知恵と時間を最大限に使って最高の出来に仕上がるのが特徴の一つです。

続いて、仕事人間の性格イメージですが、

  • 責任感が強い
  • 完璧主義者
  • チャレンジ精神が旺盛
  • 負けず嫌い
  • 考え方が古く、頭が固い
  • 責任感が強い

などのイメージが挙げられますが、仕事人間は、真面目なので自分の仕事に責任を感じます。

人に任せたり頼ったりせず、自分の力で仕事に取り組まなければ、落ち着きません。

そんな仕事人間に現れる特徴ですが、

「完璧主義者」

仕事人間は、中途半端な仕事はできない性分です。良い結果を出せるように、納期や経費、人脈も全て使って100パーセントを追究します。

「チャレンジ精神が旺盛」

仕事人間は、新しいことや高い目標に挑戦することが大好きです。たくさんの仕事を抱えたがり、経験値のない仕事でも手を出したがります。

「負けず嫌い」

仕事人間は、仕事も勝負と考え、勝ちに行きます。

競合他社や社内のライバルには、絶対負けられません。プライドも高いので、虚勢を張って上辺を繕います。

「考え方が古く、頭が固い」

仕事人間は、型にはまった昔ながらの慣習に従います。前例通りに仕事して、新しいものを怖がります。

仕事人間の特徴的な行動や性格から、仕事人間にもいくつかの種類があることが見えてきますね。

続いて、仕事人間のタイプ分けをしてみましょう。

仕事人間のタイプ分けですが、

  • 仕事がデキるタイプ
  • 野心家タイプ
  • 環境タイプ
  • 無意識タイプ

の4つが挙げられ、それぞれの特徴ですが、

「仕事がデキる人タイプ」

職場で重宝され、客先にも気に入られるので、仕事が多く舞い込んでくる仕事人間

「野心家タイプ」

大きな野望を持ち、名誉欲や金銭欲も深く、仕事に没頭する仕事人間

「環境タイプ」

周りの環境に従うしかなく、気持ちとは裏腹に仕事漬けになっている仕事人間

「無意識タイプ」

性格的に自然と仕事から離れられなくなっている仕事人間

と4つに分かれます。

仕事人間の特徴からタイプ分けをすることで、仕事人間と呼ばれる人々が多種多様であることがよくわかりました。

同じ仕事人間の中でも、仕事の取り組み方や周囲に与える影響が正反対の人がいることは、大変興味深いですね。

仕事人間の心理

仕事人間 心理

日本を支える仕事人間の人々。

最初から「仕事人間になるぞ!」と意気込んでいる人ばかりではありません。

気づいたら仕事人間になっていた人や仕事人間になっているという自覚がない人もいます。

いったい仕事人間の心理状態とは、どのような構造になっているのでしょうか。

よく理解して、ストレス社会で働く仕事人間の心を守りましょう。

仕事人間のポジティブな心理状態

1つ目に、仕事人間のポジティブな側面から特徴を挙げると、

  • 仕事が楽しくて好き
  • 仕事に打ち込む自分が好き
  • 充実感や達成感で満たされている
  • 出世したい
  • 稼ぎたい
  • 欲求を満たしたい
  • 仕事が楽しくて好き

などが見られますが、仕事人間は、毎日仕事に行くのが楽しみでウキウキと出勤し、ニコニコと仕事に励みます。

また、仕事仲間との楽しいおしゃべりを求めて仕事に行くこともあります。

「 仕事に打ち込む自分が好き」

仕事人間は、仕事そのものよりも、仕事をしているかっこいい自分の姿に酔いしれます。表面上仕事をしているように見えれば、大満足です。

「充実感や達成感で満たされている」

仕事人間は、仕事で結果を出したり、忙しく働いたりすることでモチベーションを保っています。

「出世したい」

仕事人間は、上昇志向が強いので、出世して権力を使うことや名誉を得てチヤホヤされることを目標にしています。出世するまでは、仕事漬けでも辛くありません。

「稼ぎたい」

仕事人間は、家計を支える大黒柱です。自分自身の生活や家族のために、身を粉にして働きます。

「欲求を満たしたい」

仕事人間は、仕事以外では満たされない欲望を抱えています。感謝されたり、人権を尊重されたり、生きている意味を働いて見出します。

仕事人間のネガティブな心理状態

2つ目に仕事人間のネガティブな側面から特徴を挙げると、

  • 本当は仕事をしたくない
  • 仕事に戻るのが辛くなるから、あまり休みたくない
  • 仕事以外にやりたいことがない
  • 家に帰りたくない
  • 何も考えられない
  • 本当は仕事をしたくない

などが見られますが、仕事人間は、本当は早く帰りたいのです。

仕事を断れなかったり、同僚が使えない人だったり、自分の要領が悪かったりして、なかなか会社を後にできません。

「仕事に戻るのが辛くなるから、あまり休みたくない」

仕事人間は、仕事中心に生活をしています。休みを取ることができる状態でも、休んだ後を想像すると、休まない方がましだと判断して、働き続けます。

「仕事以外にやりたいことがない」

仕事人間は、趣味がありません。家に早く帰っても、休日があっても、やることがなく退屈をしてしまうので、仕事をします。

「家に帰りたくない」

仕事人間は、プライベートが上手く行っていません。一人で家に居ると寂しかったり、家族と過ごすのが苦痛だったりして、会社に居続けます。仕事をしていれば、家事も育児も介護も、何もしなくても許されると考えています。

「何も考えられない」

仕事人間は、自らの感情を押し殺して、仕事をしています。いつの間にか、喜怒哀楽もなく、深く考え込まず、ただ仕事をしています。

仕事人間の心理は意外と複雑です。

前向きな理由で始めても、いつしか後ろ向きの気持ちで仕事をするしかなくなっている人もいます。

どうせ仕事人間になるなら、明るい気持ちでいたいものです。

仕事人間のメリットとデメリット

仕事人間 メリット デメリット

仕事人間の特徴や心理が整理できたところで、仕事人間になることのメリットとデメリットを比較してみましょう。

自分自身が仕事人間になると、最終的にどのような人生になるのか、気になるところですね。

また、家族や恋人が仕事人間だった場合、振り回されて迷惑を被るのか、それ以上に利益があるのか、確認しておきましょう。

仕事人間のメリット

一つ目に、仕事人間のメリットですが、

  • 成果を出し評価され、昇格・昇給しやすくなる
  • 充実感ややりがいがあり、イキイキとしていられる
  • 自己の成長がある
  • 仕事仲間から信頼を得られる
  • 家計が安定する

といった事が挙げられます。

一方で、仕事人間のデメリットですが、

  • プライベートの時間が取れなくなる
  • 仕事以外での人間関係が希薄になる
  • 退職後は寂しい老後を過ごすことになる
  • 心や体を壊しやすくなる
  • 生活がつまらなくなる

などが挙げられます。

これまでに挙げてきた仕事人間の特徴や理状態から、メリットもデメリットも複数見受けられます。

どちらかと言うと、自ら進んで仕事をしているデキる人や野心家タイプの仕事人間の方が、よりメリットの多い人生を歩めます。

反対に、嫌々ながら仕事人間になってしまった環境型や無意識タイプの仕事人間は、メリットよりもデメリットを強く感じることがあるのかもしれません。

人生において、

  • 仕事に重きを置くのか
  • プライベートを大切にするのか

どちらに重きを置くかは、人それぞれです。

様々なタイプのある仕事人間は、一言で良いとも悪いとも断定できないのが現実です。

「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)」

という言葉が示すように、仕事と生活のバランスを取る事が大事ですが、近年は

仕事と生活の融合(ワーク・アズ・ライフ)

という言葉が登場したように、仕事と生活を分けるのでなく、生活の中に仕事をうまく調和し、融合させていく働き方こそ、自己実現に繋がる生き方とも言われています。

仕事人間になることよりも、自分の望む働き方をして有意義に人生を歩みましょう。

仕事人間はつまらない?頼られるためにどうすれば?

仕事人間 つまらない

仕事人間になると、仕事以外にすることがなく、人付き合いも仕事関係のつながりしかなくなります。

ある日突然、毎日がつまらないと思う時が来るかもしれません。

また、家族や恋人からは、関係性を上手く構築できず、寂しい思いや辛い経験をさせてしまうので、仕事人間はつまらない人間だと思われがちです。

本当のところ、仕事人間はつまらない存在なのでしょうか。そして、同じように仕事をするなら、人から頼られるデキる人になりたいものですね。

仕事人間はつまらない?

仕事人間はつまらないと自分で気づいたり、周りから思われたりする原因を挙げてみましょう。

仕事人間はつまらないと、自分自身が思う主な理由ですが、

  • 楽しくない
  • ミスをしたり、良い結果が出なかったりする
  • 成果が出ても嬉しくない
  • 評価されない
  • 成長できない
  • 人間関係を辛く感じる
  • 休みを有意義に過ごせない
  • 働く意味や目標を見失っている

などが挙げられます。

一方、仕事人間はつまらないとm周囲の人々が思う主な理由ですが、

  • 話ができない
  • 遊び心がなく退屈する
  • 連絡を取りづらい
  • 一緒に過ごせない
  • 嫌なことを押し付けられる
  • 本当に仕事をしているのか怪しくなる

などが挙げられます。

仕事人間であっても、面白味のある人はたくさんいます。

ただ、仕事人間として生活していることで、つまらない人間だと思われるのは残念ですね。

また、本当は立派で豊かな人となりを持ち合わせているのに、仕事人間だからつまらないと他人を決めつけてしまっては勿体ないです。

仕事を頼られるデキる人は?

仕事で頼りたくなるのは、いつも優しくしてくれる人や身近にいて話しかけやすい人でしょうか。

実際は、優しさや話しかけやすさよりも、その人が仕事のデキる人かどうかが重要ですね。

仕事がデキて頼られる人について考えてみましょう。

まずは、仕事がデキる人の特徴ですが、

  • 結果を出せる
  • 要領よく仕事ができる
  • 自発的に動ける
  • 目標を念頭に計画を立てられる
  • 正しい判断ができる
  • 優先順位を付けられる
  • 学習し、反省・改良ができる
  • 前準備が十分できる
  • 人脈を持っている
  • 良いテンポを持っている
  • ポジティブに考えられる
  • 論理的に議論ができる
  • 客観的に物事を捉えられる
  • 謙虚で誠実な態度でいられる
  • 感情をコントロールできる
  • 感謝の気持ちを持てる

などが挙げられます。

仕事がデキる人の能力を挙げてみると、きりがないくらいにたくさん出てきます。

仕事で結果を出せることは、一番わかりやすいデキる人の特徴です。

ただ、結果を出すまでの過程で優れた点があれば、大変頼もしくなりますね。

仕事人間と仕事がデキる人は別もの

仕事人間と仕事がデキる人は、同じような言葉であっても意外と使い分けがされています。

仕事人間は仕事に没頭している人のことで、仕事がデキるかどうかは関係ありません。

一方で、仕事がデキる人は、仕事ぶりも立派で尊敬されたり頼られたりしながら、結果的に自分自身や会社に大きな成功をもたらします。

また、仕事ばかりに時間を費やすことなく、プライベートも充実している人がいます。

なりたい存在やなるべく社会人としての姿は、仕事人間ではなく、仕事がデキる人と考えられます。

では、仕事人間と仕事がデキる人の明確な違いはどこにあるのか?いくつかのポイントで比べてみましょう。

つまらない仕事人間より、頼られる仕事のデキる人が優れている点ですが、

  • コミュニケーション能力
  • 行動力
  • スピード感
  • 決断力
  • 管理能力
  • プライベートの充実感

などが挙げられます。

「コミュニケーション能力」

仕事のデキる人は、仕事上で人脈を駆使したり、プライベートな人間関係を円滑にしたりすることができます。

同じ仕事をしていても、コミュニケーションの上手さで、仕事の進捗も他人からの印象も変わってきます。

「行動力」

仕事のデキる人は、まず行動を起こすことで結果を得ます。結果が出れば、良いも悪いも判断材料になるからです。何よりも、行動しなければ仕事が始まりません。

「スピード感」

仕事のデキる人は、大切なタイミングを逃しません。仕事の正確さと早さのバランスが良いところで仕事をします。

「決断力」

仕事のデキる人は、自ら決断を下します。上司に伺いを立てる場面でも、自分の意志を持って取捨選択の判断をします。

「管理能力」

仕事のデキる人は、自分の時間や感情をコントロールし、時には上司や取引先を上手く誘導します。自らの描いたシナリオに事が運ぶように管理ができると、仕事が成功します。

「プライベートの充実感」

仕事のデキる人は、プライベートを無下にしません。私生活で楽しみや安らぎがあるからこそ、仕事にも張り合いが出て、パフォーマンスも向上します。

毎日仕事を頑張っているのは、仕事人間も仕事のデキる人も同じです。

ただ、能力が欠けていたり、足りなかったりすると、つまらない仕事人間になってしまいます。

つまらない仕事人間にならないように注意すること

仕事人間 つまらない

仕事人間の中でも、つまらない仕事人間にだけは、なりたくないですよね。注意事項をまとめると、

  • プライベートより仕事を優先にばかりしない
  • 自分の基準を他人に求めない
  • 心身の健康を損なわない
  • 自分だけを頼らない
  • 仕事をしている時間が長い人ほど、偉いと思わない
  • 退職後の自分を想像する
  • プライベートより仕事を優先にばかりしない

仕事に夢中になり過ぎると、友人も恋人もいなくなり、家族にも見放されてしまうことがあります。

誰も一人では生きてはいけないので、つまらない人生にならないように、プライベートを犠牲にするのはやめましょう。

「自分の基準を他人に求めない」

仕事に掛ける情熱は、人それぞれです。ハイレベルな要求をしても、同僚が付いて来られなかったり、若い人に理解されなかったりします。特に残業や休日出勤の強制は、気をつけましょう。

「心身の健康を損なわない」

心身を休めることなく、仕事をしていたら、どこかに支障が出てきます。若い学生の頃よりも体力は衰えています。心を病んでしまうと簡単には治らず、生活もままならなくなっては本末転倒です。仕事ではなく健康を第一にしましょう。

「自分だけを頼らない」

仕事を人に頼ることは悪いことではありません。別の担当者や部署に依頼する時間が惜しかったり、信用できなかったりすると全て自分で抱え込んでしまいます。効率も上がり、別の視点も得られるので、思い切って人に振りましょう。

「仕事をしている時間が長い人ほど、偉いと思わない」

仕事をしている人は、大切でありがたいものです。ただ、勤務時間が長い人と短い人で優劣はありません。無駄な仕事に時間を費やすことがないように、考えを改めましょう。

「退職後の自分を想像する」

仕事を辞めても、すぐに亡くなるわけでもありません。仕事以外に楽しめる趣味や穏やかな老後を誰とどこでどのように過ごしたいか、考えておきましょう。働き方も変わるかもしれません。

つまらない仕事人間であっても、少し気をつけるだけで、充分人生が色めきます。

誰だってその人の味わいがあり、元からつまらない人間だったわけではありません。面白い仕事人間になりましょう。

仕事を頼られるデキる人になる方法

仕事人間 デキる人

他人から仕事を頼られるようなデキる人は、ただの仕事人間とは違います。

どうすれば仕事人間ではなく、仕事がデキる人になれるのか、法則を見つけましょう。

まず1つ目に、デキる人がしている仕事の法則ですが、

  • 性格上向いている仕事
  • やりがいのある仕事
  • 自分の強みを伸ばせる仕事
  • ステップアップができる仕事
  • プライドを持てる仕事

などが見られます。

2つ目に、デキる人の生活習慣の法則ですが、

  • 身だしなみを整える(服装を整え、笑顔でハキハキと話し、常に姿勢を正しくする)
  • デスク周りを整理整頓する(効率よく仕事がデキる環境を常に整えておく)
  • 規則正しい生活をして、無駄な時間を作らない(常にスケジュール意識を持つ)
  • 健康に気を遣う(食事・睡眠・運動を正しく行う)
  • 返事・決断・行動は早めにとる(タイミングを逃さないように前傾姿勢をとる)
  • 情報収集をし、視野を広げる(何でも対応できる柔軟性を持つ)
  • 言語化、数値化をする(自分の考えを整理し、伝わりやすくする)
  • メモを持ち歩き、記録をとる(得た情報や経験を財産とする)
  • 手本となる人を見つける(とりあえず手本を真似て、感覚を掴む)
  • 不要な人付き合いをしない(時間や労力を無駄にしない)
  • 仕事とプライベートは切替える(ダラダラ仕事をせず、プライベートも全力で挑む)
  • 人を気遣う(公私共に人とのつながりは大切にして、信頼関係を構築する)

仕事を頼られるデキる人になるには、まずは自分の仕事を見つめ直しましょう。

転職するのではなく、考え方次第で今までの仕事が別物に見えてきます。

また、人として、社会人としてのマナーや常識があれば、デキる人の生活習慣は簡単に真似ができそうな項目ばかりです。

できることから取り掛かって、仕事のデキる人になりましょう。

仕事人間と仕事がデキる人は、異なるものです。ただ闇雲に仕事をするのではなく、仕事がデキる人になり、公私共に充実した生活を送りましょう。

【無料プレゼント】LINEお友だち追加でオンライン化の秘訣をまとめた動画プレゼント中

私が起業すると言った時、みんな笑い出しました・・・

 

でも稼ぎ続けた事を教えだすと、私の元に連絡が来るようになりました。

 

ホームページやSNSを作っただけで活用できておらず、売上に繋がらない・・・

 

そんな、個人事業主やひとり社長へオンラインだけで累計2億円以上の売上を達成した経験をもとに、

 

最短3ヶ月で集客からセールスまでオンラインで仕組み化し、

 

月商200万円以上売れ続けるオンラインでビジネスを仕組み化する秘密を無料動画プレゼントしています。

 

【私のサポートを受けた人たちの成果は・・・】

最高月収100万円超え2人、50万円以上1人、30万円以上1人、20万円以上2人、5万円以上1人など・・・

 

自由な人生を歩み始めています。

 

▼▼こちらをクリック▼▼