村上春樹の小説や言葉から名言や格言おすすめ27選まとめ【英語付き】

村上春樹 名言

小説家、翻訳家として国内外から人気のある村上春樹さんの小説や言葉から名言や格言を集めてきました。

大人気作品「ノルウェイの森」、「海辺のカフカ」、「女のいない男たち」、「スプートニクの恋人」、「羊をめぐる冒険」はじめ、村上春樹さんの言葉からあなたの人生をより豊かにするヒントを学びましょう。

もくじ

村上春樹のプロフィール

村上春樹

1949年に京都市に生れた村上春樹さんは、早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開き、1979年には「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞し、小説家のデビューを果たします。

1987年発表の「ノルウェイの森」は上下巻合わせて1,000部を超えるベストセラーとなり、全世界で村上春樹ブームを席巻しました。

その他の代表作品として、

  • 羊をめぐる冒険
  • 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
  • ねじまき鳥クロニクル
  • 海辺のカフカ
  • 1Q84

など挙げられます。

また、小説家以外にも翻訳家としても活動し、スコット・フィッツジェラルドの短編「哀しみの孔雀」を翻訳した事でも知られています。

村上春樹の名言や格言まとめ【英語付き】

村上春樹 名言

ここからは、村上春樹の言葉を引用し、名言や格言を紹介していきます。

村上春樹の言葉を通して、あなたの人生のヒントになる言葉が見つかれば幸いです。

村上春樹の名言その1 不得意

僕らはとても不完全な存在だし、何から何まで要領よくうまくやることなんて不可能だ。

不得意な人には不得意な人のスタイルがあるべきなのだ。

We are very imperfect and it is impossible to do everything well.

Those who are not good should have the style of those who are not good at it.

人間、誰しも完璧な存在ではないですし、不完全だからこそ、苦手なものを人に任せる事ができたり、お互いを補い合えるのでは無いでしょうか。

男女の仲も同じで、お互い足りないものを埋める事が出来るという事に幸せを見出しましょう。

村上春樹の名言その2 完全

ものごとがあまりに完全だと、そのあとに決まって反動がやってくる。

それが世のならいだ。

If things are too perfect, then there will always be a reaction.

That is the way of the world.

良いこともあれば、悪いこともある、物事は表裏一体になっており、物事の理を知っていれば、良い時は謙虚に、悪い時は我慢するという事も出来るのでは無いでしょうか。

村上春樹の名言その3 勝ち負け

人は勝つこともあるし、負けることもあります。

でもその深みを理解していれば、人はたとえ負けたとしても、傷つきはしません。

人はあらゆるものに勝つわけにはいかないんです。

人はいつか必ず負けます。大事なのはその深みを理解することなのです。

People can win and sometimes lose.

But if you understand the depth, you won’t hurt, even if you lose.

People can’t beat everything.

People will definitely lose someday.

The important thing is to understand its depth.

人生全勝で全うする人は、誰一人いません。百戦錬磨という言葉がありますが、経験の数だけ成長があり、人は負けても次に向かって立ち上がるという気概がなければ、成功はしないという事です。

村上春樹の名言その4 デッドヒート

誰をも抜かないし、誰にも抜かれない。

しかしそれでも我々はそんな回転木馬の上で仮想の敵に向けて熾烈なデッド・ヒートをくりひろげているように見える。

No one can be overtaken, and no one can overtake.

But still, we seem to have a fierce dead heat on such a carousel towards a virtual enemy.

実は他人との競争はあまり意味がないのかもしれません、本当に向き合い戦うべき相手は「自分自身」である事に気づかない限り、いつまでも仮想の敵を想定し、戦い続けなければいけないのかもしれませんね。

村上春樹の名言その5 小説

私が小説を書く理由はひとつだけです。

個人的存在の尊厳をおもてに引き上げ、光をあてる事です。

I have only one reason to write a novel.

It is to raise the dignity of personal existence and shed light on it.

小説を通して村上春樹さんは、自分自身の存在意義を問うているのでしょうか。

自分がどう社会と繋がり、社会へ貢献するかで、自身の社会的存在意義を見出だせるのかもしれませんね。

村上春樹の名言その6 インターネット

インターネットで「意見」があふれ返っている時代だからこそ、「物語」は余計に力を持たなくてはならない。

The “story” must have extra power because it is an era when “opinions” are overflowing on the Internet.

インターネットにあふれる意見は、責任を持たない発言も多く、発信力に乏しいものも多いです。

真の物語は、人を惹きつけ魅了する、村上春樹さんの作品そのもので、村上春樹さんの目指すところだと感じました。

村上春樹の名言その7 目

目に見えるものが、ほんとうのものとは限らない。

What you see is not always the real thing.

目に映るもの、見えているものだけで判断するのではなく、心で感じた事、直感も時には大事な時があります。

自分自身の直感力を磨き、直感を信じられる揺るぎない自信を身に着けましょう。

村上春樹の名言その8 心配

何かを持ってるやつはいつか失くすんじゃないかとビクついてるし、何も持ってないやつは永遠に何ももてないんじゃないかと心配してる。みんな同じさ。

I’m afraid that the one who has something will lose it someday, and the one who doesn’t have anything is worried that he won’t have anything forever.Everyone is the same.

人間誰しも不安を感じながら、不安を払拭し、少しでも自信を持って行動できるようになりたいと願うものです。

ある意味「根拠のない自信」が生まれれば、不安な日々を過ごす事はなくなり、毎日自分自身を成長させようと思うのでは無いでしょうか。

村上春樹の名言その9 孤独

孤独好きな性格を守るのに、誰にも迷惑をかけてないはずだという論理は逃げである。

孤独は闘い取るものだ。

闘い取られていない孤独は、いつか人の心を蝕む。

The logic that you shouldn’t bother anyone to protect your lonely personality is an escape.
Solitude is a fight.

The loneliness that has not been fought will one day erode people’s hearts.

一人で自宅にこもるという行為は、ある意味人様に迷惑をかけていないから良いという事ではなく、実は社会的責任を果たしていないという事で言えば、無責任なのかもしれません。

自宅にこもると言っても、殻を破ろうと努力する姿勢をもち続け、心だけは戦う事をやめないという姿勢を見せるようにしたいものです。

村上春樹の名言その10 あやまち

過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取りかえしはつく。

If you have the courage to admit your mistakes, you can usually get rid of them.

自分の過ちに気付く事、気付いたら認めて反省する事、起きてしまった事は取り返せないのであれば、間違いを認めて、これから先どう歩むのか?を考えるようにしましょう。

村上春樹の名言その11 音楽

「本当にいいものはとても少ない。何でもそうだよ。本でも、映画でも、コンサートでも、本当にいいものは少ない。」

There are very few really good things. Like anything. There are few really good things in books, movies, concerts.

小説「ダンス・ダンス・ダンス」より抜粋ですが、本物の作品というのはこの世の中に少ないのかもしれません。

だからこそ希少価値があり、価値あるものには高額な価格が付き、多くの人からも評価されるのでは無いでしょうか。

村上春樹の名言その12 記憶

人間ゆうのは、記憶を燃料にして生きていくものなんやないのかな。その記憶が現実的に大事なものかどうかなんて、生命の維持にとってはべつにどうでもええことみたい。

I wonder if human beings live on the basis of their memories. Whether or not that memory is really important seems to be irrelevant for the maintenance of life.

小説「アフターダーク」の言葉から抜粋ですが、生命の維持に記憶は重要ではなく、大事な記憶でもどうでも良い記憶でも、脳内では同じ「記憶」であっても、その人が価値を付けたものに過ぎません。

記憶に支配され、今行動に起こせないという事のないように、記憶を燃料に推進力を加速させるくらいでちょうど良いのかもしれません。

村上春樹の名言その13 仕事

一般論をいくら並べても人はどこにも行けない。

No matter how many general theories are arranged, no one can go anywhere.

どれだけ当たり前の事であっても、常識の内側にいるうちは新しい事は何も出来ませんし、発想の転換は起きません。

村上春樹の名言その14 好き

ベッドの中でも、ベッドの外でも。

彼女はぼくを、まるで飛行機のファーストクラスに乗ったような気分にさせてくれた。

In bed or out of bed.

She made me feel like I was in the first class of an airplane.

本当に好きな人というのは、精神安定剤となり、ずっと心地の良い状態にしてくれます。

相手に求めるのも良いですが、可能であれば、自分自身がファーストクラスのような安心感を得られるような包容力を持ちたいものですね。

村上春樹の名言その15 愛情

女というのはまるで鮭みたいだ。

なんのかのと言ったって、みんな必ず同じ場所に戻りつくのだ。

A woman is like a salmon.

No matter what, everyone always returns to the same place.

女性の愛の深さに、男性は感服するばかりです。男性がどれだけ過ちを繰り返しても、温かい愛情で見守ってくれる女性というのは、そうそういないかもしれません。

村上春樹の名言その16 旅

旅行というのは本質的には空気を吸い込むこと。

Travel is essentially breathing in the air.

旅行は仮想空間だけでは、心の底から楽しむことは出来ません、やはり現地で目に見たもの、聞こえてきたもの、感じたものを味わってこそ、旅行の本質がわかるのでは無いでしょうか。

村上春樹の名言その17 ランニング

「走ることが創作のために大事な役を果たしているという肉体的な実感をずっと持ってきた」

I’ve always had the physical feeling that running plays an important role in my creations.

仕事をより高いレベルでこなすためには、健康も大事です。より良い仕事をするためには、肉体的、精神的な健康を維持する事も大切です。

村上春樹の名言その18 別れ

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。

Death exists not as the opposite of life, but as part of it.

生きる事は、死に向かっているという事と一緒の意味なのかもしれません。そういう意味で考えると、死は生きると対極に位置するのではなく、死も人間の一部という事なのかもしれません。

村上春樹の名言その19 希望

希望があるところには必ず試練があるものだから。

Wherever there is hope, there are always trials.

希望とは、チャンスが見えた状況であって、チャンスを掴み取り結果を残すまでには、様々な課題が出るものでです。

試練は乗り越えていくためにあります、目の前の試練に立ち向かう勇気を持ちましょう。

村上春樹の名言その20 妻

奥様との関係について、村上春樹さんは、村上春樹特設Q&Aサイト「村上さんのところ」というサイトを開設し、様々な質問に受け答えしています。

夫婦のあり方、喧嘩をしたときの対応など、実生活で活かせる智慧が満載なのですが、サイトは期間限定で開設されたもので、現在は閉鎖されています。

ネットで残されているやりとりの一部をいくつかご紹介します。

夫婦喧嘩に対する対処法は?

あのですね、こちらに向かって驀進(ばくしん)してくる機関車に向かって怒鳴ったりはしませんよね。それとだいたい同じことだと思われたらいかがでしょう? 無駄なエネルギーは使わないようにして、身の危険は素早く避ける、これしかありません。人生の知恵です。がんばって平謝りしてください。

妻が機嫌が悪い時はどうすれば?

そうですね、「これはただの気象現象なのだ」と思われてはいかがでしょう。これは竜巻なんだ、これは突風なんだ、これはフェーン現象なんだ。そう思うと気持ちが(比較的)ラクになります。誰も天気に文句は言えませんからね。相手が奥さんだと思うから、首をひねりたくなるし、ときとして頭に来ることもあります。でも自然現象だと思えば、あきらめもつきます。がんばってくださいね。艱難辛苦があなたをタマにします。タマになって「にゃあにゃあ」ととぼけていてください。

奥様の小説に対しての感想

うちの奥さんでさえ、「あなたの書く小説は、私のための小説とは言えない(ほかにもっと肌身に間近に感じる小説はある)」と公言しております。

など、普段見られない村上春樹さんの奥様との関係性がわかるやりとりに、多くの方がオシドリ夫婦だと感じているようです。

ちなみに、「村上さんのところ」は書籍化されていますので、ネット上で検索できないやりとりの数々は書籍を通して確認して下さいね。

村上さんのところ

村上春樹の名言を小説(作品)から紹介

続いて、村上春樹さんの小説ごとに名言や格言を紹介していきます。

村上春樹の名言 海辺のカフカ

海辺のカフカ

「目を閉じちゃいけない」

「それも決まりなんだ。目を閉じちゃいけない。目を閉じても、ものごとはちっとも良くならない。目を閉じて何かが消えるわけじゃないんだ。それどころか、次に目を開けたときにはものごとはもっと悪くなっている。」

目の前の事から逃げても、状況が好転する事はありません。

目の前の事から逃げず、立ち向かう勇気を持ちましょう。

「世界は日々変化しているんだよ、ナカタさん。毎日時間が来ると夜が明ける。でもそこにあるのは昨日と同じ世界ではない。そこにいるのは昨日のナカタさんではない。わかるかい?」

日々変化する世の中で、あなただけが変化をしないという選択をする事は、将来のリスクを背負う事になるかもしれません。

少しずつでも、現状に合わせて、あなたの最適な状態を見つけるという事も必要なのでは無いでしょうか。

村上春樹の名言 沈黙

沈黙

忘れたいものは絶対に忘れられないんです。

人は忘れようとすればするほど、記憶に縛られる生き物です。

忘れられない事を良い記憶に変換し、原動力に変えてしまうくらいでちょうど良いのかもしれません。

村上春樹の名言 女のいない男たち

女のいない男たち

「紳士とは、払った税金と、寝た女性について多くを語らない人のことです」

お金の事やプライベートの事をペラペラと喋る男性は紳士的な態度とは思えないでしょう。

「人生って妙なものよね。あるときにはとんでもなく輝かしく絶対的に思えたものが、それを得るためには一切を捨ててもいいとまで思えたものが、しばらく時間が経つと、あるいは少し角度を変えて眺めると、驚くほど色褪せて見えることがある。私の目はいったい何を見ていたんだろうと、わけがわからなくなってしまう」

恋愛も仕事も情熱を燃やしている時、相手の事を想い続けている時は、本当に全てを注ぎ込めるエネルギーがあるものですが・・

時間の経過と共に、良いときの記憶や感情は色褪せる事がほとんどです。

一生同じ気持ちでいる事はいかに難しいことか、分からせてくれる一文ですね。

村上春樹の名言 職業としての小説家

職業としての小説家

言葉には確かな力がある。しかしその力は正しいものでなくてはならない。少なくとも公正なものでなくてはならない。言葉が一人歩きをしてしまってはならない。

言葉は時に暴力をふるう事もあります。

特にSNSで特定されるとは言え、匿名で誹謗中傷している言葉は、暴力以外の何者でもありません。

言葉や行動で、相手がどれだけ傷つくのか、影響があるのか?を常に考えるようにしましょう。

僕がそのときに発見したのは、たとえ言葉や表現の数が限られていても、それを効果的に組み合わせることができれば、そのコンビネーションの持って行き方によって、感情表現・意思表現はけっこううまくできるものなのだということでした。要するに「何もむずかしい言葉を並べなくてもいいんだ」「人を感心させるような美しい表現をしなくてもいいんだ」ということです。

ブログを書くにしても、本を書くにしても、手紙を書くにしても、自分の気持ちを伝えたり、考えを伝えるのに、必ずしも高いレベルの表現力が必要だというわけではありません。

人を感心させるような表現よりも、目の前の人を想像し、その人に投げかける言葉として相応しいものを分かりやすく伝える、「心を伝える」事の方が重要なのでは無いでしょうか。

村上春樹の名言 スプートニクの恋人

スプートニクの恋人

「どんなことでもそうだけれど、結局いちばん役に立つのは、自分の体を動かし、自分のお金を払って覚えたことね。本から得たできあいの知識じゃなくて」

経験に勝るスキルはありません、自分自身で経験した事は、本で得た知識とは違い、生きた教本となります。

失敗も成功も、体験しなければ分からないので、まずは経験を積み上げることを意識しましょう。

村上春樹の名言 羊をめぐる冒険

羊をめぐる冒険

「俺は俺の弱さが好きなんだよ。苦しさやつらさも好きだ。夏の光や風の匂いや蝉の声や、そんなものが好きなんだ。どうしようもなく好きなんだ。君と飲むビールや・・・」

自分の弱い部分、辛い経験を受け入れるというのは、時として難しいことかもしれません。

しかし、それらの経験を風景を見るかのように当たり前に受け入れられるようになれば、精神的に大きく成長を遂げるのでは無いでしょうか。

村上春樹の名言 1Q84

1Q84

悪い予感というのは、良い予感よりずっと高い確率で的中する。

良い予感より、悪い予感というのは当たりやすいです、それは人間の本能のようなもので、生存本能が働いているからなのかもしれません。

人は、悪い予感を感じる事ができるからこそ、天変地異があった時でも生き延びてくる事ができ、今日までの進化を遂げたのだと思います。

村上春樹の名言を探せるツイッター

村上春樹さんの名言をリアルタイムに見つけたいという場合は、SNSの発信でフォローしておくのも一つの方法です。

村上春樹の名言を見つけるおすすめの本

村上春樹さんの名書はたくさんありますが、小説のセリフから名言や格言を見つけることが出来ます。

ここでは、村上春樹さんのおすすめの書籍をいくつかご紹介していきます。

フィリップ・マーロウの教える生き方

フィリップ・マーロウの教える生き方

レイモンド チャンドラーの本から、登場人物のフィリップ・マーロウのセリフを名言集にした一冊です。

チャンドラーの名言や格言まとめています。

村上春樹 雑文集

村上春樹 雑文集

デビュー小説の「風の歌を聴け」から、エルサレム賞受賞時の伝説のスピーチと言われている「壁と卵」まで、村上春樹の名言を一冊に凝縮した珠玉の作品です。

村上ラヂオ

村上ラヂオ

2000年3月から1年間雑誌「anan」で掲載されていたエッセイから50篇をまとめた一冊です。

村上春樹は、エッセイを通して、「20世紀に対して、・・個人的にうまく別れを告げることができたような気がする」とコメントしており、作家としての円熟期を迎えた事を示唆していると評価された一冊です。

村上春樹の小説や言葉から名言や格言おすすめ27選 まとめ

村上春樹 名言 まとめ

村上春樹さんの小説のセリフとは思えない、とても印象深い言葉の数々を見つける事が出来ました。

村上春樹さんの言葉を通して、村上さんの考えに少しでも触れ、あなた自身の人生に良い影響を与えるきっかけになれば、大変うれしく思います。

偉人の名言は、見たり聞いたりするのも良いですが、その言葉を通して「自分自身がどう活かせるか?」「どう感じたか?」という、自分自身の感じ方が大事です。

村上春樹さんの名言や格言を通して、あなたの人生が豊かに、仕事や恋愛がより発展する事を願っております。

【無料特典付き】ビジネスマインドを磨くLINE無料講座が受講できます

あなたの潜在意識を引き出し、自己実現を叶えるためのビジネスマインド大学で考案した「サーバント(奉仕型)マーケティング無料講座」を無料LINE講座で受講が可能です

 

【私のサポートを受けた人たちの成果は…】
最高月収100万超え2人、50万以上1人、30万以上1人、20万以上2人、5万以上1人など…

自由な人生を歩み始めています。

【無料動画プレゼント】飲食店はじめる前に是非受け取って下さい。

With&Afterコロナ禍の新しい社会スタイルとして、

・ソーシャルディスタンスの確保

・三密を避けたビジネスモデルの推進

・おうち時間を大切にする心境の変化

に対して、キッチンカーの需要が急上昇中です。

 

固定店舗を持たずに、移動式で新しい需要を掴むチャンスが巡ってきています。

期間限定で、キッチンカーを始める方に知っておいてほしい7つのステップを無料動画講座をプレゼントしお伝えしています。