オスカーワイルドの名言や格言集の意味 本や詩からあなたの人生に活かせるヒントを見つけよう

オスカーワイルド 名言

代表作の『ドリアン・グレイの肖像』、『サロメ』、『幸福な王子』などが人気のオスカー・ワイルド。

オスカー・ワイルドの人生を通して、名言や格言とも言える言葉の数々を見つけてきました。

あなたの人生に役立つヒントの数々を手に入れましょう。

オスカーワイルドの人生を簡単に振り返ります

オスカー・ワイルド

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルドは、アイルランド出身の詩人で、多彩な文筆活動を19世紀末に行っていましたが、男色を咎められて収監され、出獄後も精神的に病んでしまい46歳の若さで亡くなっています。

幼少期は母が女の子が欲しかった事もあって、母によって女子の格好をさせられて育ってきた過去があります。

奇抜な格好や派手な言動で社交界でも注目され、また生き様に影響を受けた文豪も多く、日本では森鴎外、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎らが影響を受けたと言われています。

オスカーワイルドの名言や格言集

オスカーワイルド 名言

オスカー・ワイルドは、46歳という短い生涯の中でも、名言や格言をたくさん残していて、今でも参考にされます。

オスカー・ワイルドの言葉の意味を通して、あなたの人生で悩んだり、迷ったりした時のヒントを手に入れて頂きたいと思います。

オスカーワイルドの名言 恋愛

女はおべっかによっては、けっして武装を解除されはしないが、男はたいてい陥落される。

英語 A woman is never disarmed, depending on her veil, but a man is usually fallen.

男と女の違いは、犬と猫のような違いと同じですが、その一つの特徴を捉えたような名言です。

女性は褒められても、本心から信用する事はないですが、男性は褒められると乗せられやすいので、騙されないように気をつけたいものですね。

男の人って、一度女を愛したとなると、その女のためなら何だってしてくださるでしょ。たった一つ、してくださらないもの、それはいつまでも愛し続けるってことよ。

英語 Once a man loves a woman, he will do anything for that woman. The only thing I don’t do is to keep loving you forever.

男性は浮気性なため、一人の女性をずっと愛し続けるのは苦手な生き物です。

しかし、一度愛したとなれば、愛が続く限り、何でもやってあげたいと思うものです。

オスカー・ワイルドの名言は、男性の心理を見事に捉えたものですね。

結婚はまさしく相互の誤解にもとづくものである。

英語 Marriage is based on mutual misunderstanding.

結婚を相互の理解で成立すると考えるのではなく、相互の誤解で成り立つという視点がオスカー・ワイルドらしい視点だと感じました。

多くの誤解を埋められないまま、結婚をした事で、その後に悲劇を生む事も少なく有りませんので、なるべく相互理解を深めてから結婚するほうが良いのかも?と思う名言です。

男は女の最初の恋人になりたがるが、女は男の最後の恋人になりたがる。

英語 A man wants to be the woman’s first lover, but a woman wants to be the man’s last lover.

オスカー・ワイルドの名言は、どれも奥深いですが、こちらの名言はまさに男女の心理の違いを分かりやすく伝えてくれるものです。

これだけ男女が分かり合う事は難しいわけですから、最初から分かり合おうとするのではなく、お互い違い生き物だと思って接した方が良いのではないでしょうか。

本当に魅力的な人間には、2種類しかない。何もかも知り尽くしている人間か、まったく何も知らぬ人間かのどちらかである。

英語 There are only two kinds of people who are really fascinating – people who know absolutely everything, and people who know absolutely nothing.

何もかも知っている人間は、この世にいないと私は思っていて、まったく知らない人が多い世の中で、少しでも何かを得ようと吸収しようと考えている人は、本当に素晴らしい魅力を持った人だと思います。

誰でも愛される価値がある。もっとも、「自分こそそうだ」と思い上がっている者は別だ。

英語 Everyone is worthy to be loved. However, it’s different for people who think “I am so”.

自己中心的な考え方では、平等は得られません。

平等は、不平等の中にあり、不平等の中にも謙虚さを持つ事は大切だなと思う名言です。

僕は彼女が大好きだが愛してなどいない。一方彼女は僕を熱烈に愛しているがそれほど好きではない。

英語 I love her but I don’t love her. On the other hand, she loves me so much, but not so much.

オスカー・ワイルドの難しい恋愛論ですが、愛するという事で好きでいるという事は別である事、また男性と女性では考え方が別であるという事を示している名言です。

愛される事も、好きでいるという気持ちも両方大切ですが、両方欲張っても手に入らない可能性がある事を教えてくれています。

夫婦間の愛情というものは、お互いがすっかり鼻についてから、やっと湧き出してくるものなのです。

英語 The affection between the married couple finally comes out after each other’s noses.

夫婦が本当に相手の事を想い合えるようになるまで、少しの時間がかかるのかもしれません。

相手の事を感謝し、尊敬する関係までお互いがなってから、はじめてお互いを愛し合えるのかもしれませんね。

オスカーワイルドの名言 ロマンス

恋はいつだって自分を欺くことから始まり、他人を欺くことで終わる。これが世間で言うロマンスというものである。

英語 Love always begins with deceiving oneself and ends with deceiving another. This is what people call romance.

オスカー・ワイルドの表現は、時に理解するのが難しい言葉もありますが、私にとってその一つがこの名言です。

恋愛はお互い仮装した状態だという事でしょうか・・

自分を欺き、相手に好かれるように努力する行為そのものが他人を欺く行為だと言いたいのでしょうか。

ロマンチックな感情の根源は、ひとえに「おぼつかなさ」である

英語 The root of romantic feelings is “unconsciousness”

「おぼつかなさ」という言葉自体、聞き慣れないので辞書で調べてみたところ

「様子がはっきりしないこと。 気がかりであること。 」

という意味です。

ロマンチックな感情は、一言で言えば「その感情が何なのか分からない」という事を示しているのでしょうか。

オスカーワイルドの名言 老い

老年の悲劇は、老いているところにはなく、まだ若いと思うところにある。

英語 The tragedy of old age is where you think you are young, not where you are old.

年相応という言葉があるように、それぞれの年齢に応じて役割も変わってくると想います。

老いは皆等しくやってきますし、例外はありません。

若い人が出来る事と、老年になってから出来ることは別にあるはずなので、無理せずに出来る範囲で貢献しましょう。

オスカーワイルドの名言 金

若いときの自分は、金こそ人生でもっとも大切なものだと思っていた。今、歳をとってみると、まったくその通りだと知った。

英語 When I was young, I thought money was the most important thing in my life. Now that I’m old, I know it’s exactly that.

お金の大切さを知るのは、老後の方がありがたみを感じるという意味なのでしょうか。

お金がなければ、夢や目標を叶える事が出来ない事も多いです、自分が持っていなければ、持っている人から頂ける自分になれば良いのです。

オスカーワイルドの名言 教育

教育は結構なものである。しかしいつも忘れてはならない。知る価値のあるものは、すべて教えられないものだということを。

英語 Education is fine. But do not forget. All that is worth learning is something that cannot be taught.

「教育」は、均一的に知識を植え込むのには便利なシステムですが、一人ひとりが経験を積むという点においては、あまり意味を成しません。

本当に知るべき事は、すべて教えられた事ではなく、「経験」した事であるという事を忘れてはいけません。

オスカーワイルドの名言 母

すべての女性は彼女の母親に似るようになる。それが女の悲劇だ。男は彼の母親の思い通りにならない。それが男の悲劇だ。

英語 Every woman becomes like her mother. That is a woman’s tragedy. A man doesn’t go as his mother wants. That is a man’s tragedy.

結婚し夫婦になると、ある日から女性から母に変わりますが、男性にとっては自分の母親のように思うように動いてくれるわけでは無いという事を理解しておく事が大事と教えてくれる名言です。

政治家や海外の偉人の名言を集めたもので参考になります 。

オスカーワイルドの名言や格言が学べる本

オスカー・ワイルドの名言はネットだけでなく、本からも学べる事がありますので、有名な本を紹介していきます。

オスカー・ワイルドに学ぶ 人生の教訓

オスカー・ワイルドに学ぶ 人生の教訓

グレース宮田さんが書かれた本で、「自分自身」、「人間関係」、「男と女」、「人生」、「道徳」の5つのテーマに分けて学べる書籍です。

また、オスカー・ワイルドの代表作も書籍化されていますので、いくつかご紹介します。

ドリアン・グレイの肖像

ドリアン・グレイの肖像

オスカー・ワイルドの代表作、肖像の中の自分の貌(かお)がおぞましい姿に変わっていく、生身の人間と肖像、現実と芸術、実世界と虚構という対立軸を楽しめる作品です。

幸福の王子

幸福の王子

気なつばめと、悲嘆にくれた王子の像との、ひと冬の交流を描いたオスカー・ワイルドの名作です。

キャンタービル屋敷の幽霊

キャンタービル屋敷の幽霊

幽霊の意地とプライドを賭け、あの手この手で彼らを怖がらせようとする、300年のキャリアを誇るベテラン幽霊サイモンの笑いと涙のゴーストコメディです。

サロメ

サロメ

宮本亜門さんが舞台で演じた原作となったのが、こちらの書籍です。

オスカーワイルドの名言や格言の意味 本や詩 まとめ

オスカーワイルド 名言 まとめ

オスカー・ワイルドの名言や格言は、「自分自身」、「人間関係」、「男と女」、「人生」、「道徳」の5つのカテゴリーで悩んだり、迷ったりした時に活かせるヒントがたくさん眠っています。

偉人の名言は、一見難しい事を言っているように感じる事もありますが、よくよく意味を理解しようと自分も積極的に感じ取り始めれば、案外本質を言っている事を理解出来ます。

もし、あなたが今5つのカテゴリーの中で、迷える事があるのであれば、オスカー・ワイルドの名言にいくつか触れてみて下さい。

その上で、自分自身の解釈をして頂き、どう生きるのが良いか?を自分なりに道を示して頂くのに、少しでも参考になれば幸いです。

●LINEおともだち追加でセルフトーク集プレゼント

潜在意識を引き出す方法の一つに「アファメーション」がありますが、毎日のアファメーションを効果的に行うための自己暗示文を「18カテゴリー」用意しました。
その時に必要なあなたのセルフイメージに合わせて、ご活用いただける有料級の情報を「期間限定 無料プレゼント中」です。

ビジネスマインド大学の最新情報をお届けしたり、企画実施時はLINEアカウントから情報発信させて頂きますので、ご登録をお願いします♪
LINE@お友達追加はこちら