ルネ・デカルトの名言や格言持つ意味 近代哲学の父が放つ至高の言葉を紹介

デカルト 名言

1596年フランスのアンドルエロワール県のラ・エーに生まれたルネ・デカルト。

41歳の頃には「方法序説」を公刊し、その後「省察」を公刊し、世間からも注目を集め始めたデカルトですが、「無神論を広める思想家」として批判される事もありました。

生涯に渡り、様々な哲学者や学者との交友を深める中で、自らの哲学観を作り出し、デカルトの言葉は名言や格言として、様々残されています。

ここでは、ルネ・デカルトの至極の名言や格言を集め、それぞれが持つ意味や、近代哲学の父となぜ呼ばれたのか?をまとめましたので、あなたの人生観や哲学観を磨くヒントにして頂ければ幸いです。

ルネ・デカルトの名言とその意味

デカルト 名言 意味

デカルトの名言や格言は、人生に迷う時や選択を迫られた時に、一つの参考になる意見ですので、いくつか紹介していきます。

合わせて、英語、フランス語、ラテン語訳も付けておきますので、原文に近い言葉を一緒にお楽しみ下さい。

デカルトの名言その1 言葉より行動に注視せよ

実際に人々が何を考えているのかを理解するには、彼らの言葉ではなく、行動に注意を払えばよい。

英語 To understand what people are actually thinking about, pay attention to their actions, not their words.

フランス語 Pour comprendre ce à quoi les gens pensent réellement, faites attention à leurs actions, pas à leurs paroles.

ラテン語 Ut quod populus vere intelligere, cogitare, stipendium operam ad quid isti faciunt, non suis verbis.

言葉は、自らの思考が含まれるため、その時、その時で嘘をついたり、真意を伝えない事も出来ますが、身体は正直なので、言動と身体の反応が一致しているか?を注力する事をデカルトは教えてくれています。

NLP(神経言語プログラミング)の世界でも、身体の反応に注目した「優先表出体系」と呼ばれる五感を通した情報の捉え方について学ぶ事が出来ますので、デカルトはすでに直感的に身体に表れる感覚を捉えていたと思われます。

デカルトの名言その2 楽観主義者で生きよう

楽観主義者は何もないところに明かりを見るが、なぜ悲観主義者はいつだってその明かりを吹き消そうとするのだろうか?

英語 Optimists see the light where there is nothing, but why are pessimists always trying to turn it off?

フランス語 Les optimistes voient la lumière là où il n’y a rien, mais pourquoi les pessimistes essaient-ils toujours de l’éteindre?

ラテン語 Ubi lumen optimists nisi quid vertere pessimists semper longinquo

ポジティブな人は、光のないところでも光があるように捉え、チャンスだと反応しますが、ネガティブな人は、チャンスが目の前にあっても、疑い、行動を起こしません。

むしろ、チャンスを見た時に、自らチャンスを断つような行動を取りますので、残念な結果しか上げられないという事をデカルトは教えてくれている名言です。

デカルトの名言その3 決断し、後悔しない生き方を

不決断以外に深く後悔させるものはない。

英語 Nothing regrets deeply other than indecision.

フランス語 Rien ne regrette profondément autre que l’indécision.

ラテン語 Nihil aliud quam penitus paenitet magnanimorum repperta contentio.

本気で取り組むべき事がある場合は、何をおいてもまずは「やってみる」事が大事です。

やっているうちに、本気になっていき、決断した事を誇れるようになります。

結果を恐れず、とにかく後悔しない生き方が出来ているか、デカルトは名言を通して教えてくれています。

デカルトの名言その4 思慮深く生きよ

ひとたびでもわれわれを欺いたものを完全には信じないことは思慮深さのしるしである。

英語 It is a sign of thoughtfulness not to believe completely what has deceived us at all.

フランス語 C’est un signe de réflexion de ne pas croire complètement ce qui nous a trompés.

ラテン語 Est signum intellectus non omnino credunt quod omnia quae apud nos decipi.

大変深い意味を持つ言葉と思われるので、私なりの解釈になりますが、一度でも相手を欺こうという気持ちで接したのであれば、その時点から物事を一緒に成す場合は、深く考え、検討してから始めよという意味と思います。

デカルト自身は

「人は裏切る生き物である」

という前提をもしかすると持っていたのでは無いか?と思うような名言だと、個人的には感じました。

デカルトは、同じような事を

「疑いは知のはじまりである。」

と別の意味で言っていますので、疑い始める時は、相手に対して警戒心を高めなければいけない事もあるのかもしれません。

デカルトの名言その5 良き良書の読み方

良き書物を読むことは、過去の最も優れた人達と会話をかわすようなものである。

英語 Reading a good book is like having a conversation with the best people of the past.

フランス語 Lire un bon livre, c’est comme avoir une conversation avec les meilleures personnes du passé.

ラテン語 Bene legere librum habens colloquium cum optima est sicut qui in praeteritum.

人は学びがなければ成長はありません。今の時代はネットが発達しているので、たくさんの情報を取る事が出来ますが、当時は人と意見を交わすか、本を読む事で知識や見解を拡げていました。

今でも、良書は自分の智慧を増やしてくれるわけですが、本の読み方として過去の偉人と言葉を交わすように行いましょう。

私も、ビジネスマインド大学のコンテンツ更新に際して、過去の偉人方の名言に触れる事も多いため、コンテンツ制作をしながら、とても参考にさせて頂いています。

デカルトの名言その6 精神の向上

精神を向上させるためには、学ぶことよりもより多く熟考していくべきである。

英語 In order to improve your spirit, you should consider more than you learn.

フランス語 Afin d’améliorer votre esprit, vous devriez considérer plus que ce que vous apprenez.

ラテン語 Ut amplio spiritu tuo tu considerans quid ultra tibi discis.

学んだだけでは、自分の身につく事はありません。

やはり、学んだことをアウトプットするから、記憶に定着したり、情報をキャッチした人たちとのコミュニケーションを深める事が出来るのでしょう。

学ぶことの重要さと同時に、考え行動する大切さを教えてくれるデカルトの名言です。

デカルトの名言その7 偏見について

人間の誤りの主な原因は、幼少期に身に付いた偏見である。

英語 The main cause of human error is the prejudice learned in childhood.

フランス語 La cause prédominante de l’erreur humaine est le préjugé appris dans l’enfance.

ラテン語 Humanus error sit principalius in causa salvis in pueritia hausit.

潜在意識は、幼少期からの経験、思考、判断などによって形成されていきますが、デカルトは「幼少期についた偏見」と名言では表現しています。

どれも同じ事を示しているのですが、とにかく今まで育ってきた環境や価値観そのままでは、今の生活や状況から抜け出す事はありません。

もし、環境や価値観を変えるヒントが欲しい場合は、こちらのブログがお役に立てます。

デカルトの名言その8 問題解決のヒント

難問はそれを解くのに適切かつ必要なところまで分割せよ。

英語 Divide the difficult problem to the point where it is appropriate and necessary to solve it.

フランス語 Divisez le problème difficile au point où il est approprié et nécessaire de le résoudre.

ラテン語 Quaestionem dividat difficile ad punctum ubi oportet et necesse est solvere.

もし、大きな問題が降り掛かってきても、決して焦ってはいけません。

まず、それぞれの問題に関して、

  • お金にまつわる問題
  • 人間関係にまつわる問題
  • 健康にまつわる問題
  • その他

に分けるようにしましょう。

複雑に絡んでいれば、丁寧に一つずつ解いていき、それぞれの問題をカテゴリー別に分けてしまいます。

実は人間の悩みの90%以上は「解決出来る」悩みで、「お金」、「人間関係」、「健康」に関しては何かしら解決手段が出てきます。

細かく分ける事で、難題を解く事も出来ますので、もし問題を抱えた場合は試してみて下さい。

デカルトの名言その9 自明の理

あらゆるものは自明である。

英語 Everything is self-explanatory.

フランス語 Tout va de soi.

ラテン語 Omnia enim sui explicationibus.

「自明の理」という言葉があります通り、世の中の全ては「明らかになっている」という事が前提です。

世の中には、自分の在り方や生き方について、原理原則が働き、上手くいくかどうかは、原理原則に従っているか?は明らかです。

デカルトの名言その10 決断について

決断ができない人間は、欲望が大きすぎるか、悟性が足りないのだ。

英語 A person who cannot make a decision has too much desire or lack of understanding.

フランス語 Une personne qui ne peut pas prendre de décision a trop de désir ou de manque de compréhension.

ラテン語 A qui est consilium est non quoque multo desiderio non deerit, sive intellectus.

「悟性」というのは、論理的な思考力の事を良います。

決断に欠ける人は、欲をかくだけでなく、論理的に考える力にも欠けている、つまり真剣ではないという事をデカルトは名言から教えてくれています。

哲学者パスカルの名言や格言を集めました

デカルトの名言 我思う、ゆえに我あり。の意味

デカルト 名言 我思う、ゆえに我あり

デカルトの様々な名言、格言はとても学びがありますが、一番有名な言葉としては、

「我思う、ゆえに我あり。」

では無いでしょうか。

デカルト自身の本「方法序説」の中で書かれていた言葉ですが、自分自身の存在さえ疑ったり、周囲のあらゆる見えているもの、聞こえているものなどの存在全てを疑った事で出てきた言葉です。

デカルトが行った、これら全ての事を疑うという方法を「方法的懐疑」というスキルのようですが、どれだけ疑っても、疑う事が出来ないところがあれば、それは「真理」であると定義づけました。

「今、全てを疑っている自意識」をデカルト自身が発見し、自分の中にある無意識下を発見した事で、後にユングをはじめ、多くの心理学者や科学者が追随していったのです。

ちなみに、英語、フランス語、ラテン語ですが、

  • 英語 I think that’s why I am
  • フランス語 Je pense, donc je suis
  • ラテン語 Cogito ergo sum

で表現されます。

ルネ・デカルトの名言や格言持つ意味 近代哲学の父が放つ至高の言葉を紹介 まとめ

デカルト 名言 まとめ

ルネ・デカルトの思想は、20世紀はじめにウィトゲンシュタインらが唱えた「論理実証主義」が出現するまで「認識論」と言われ、近代哲学の父たる所以を見ることが出来ます。

デカルトは、自分の存在を否定したり、肯定する中で、自らの哲学観を築き上げ、今日では偉人の一人として数えられるような方になっています。

当時は、研究施設も乏しく、症例数も少ない上に、データを取得する事ができずに大変な中で、これだけの貢献をしたというところに、大きな価値を感じました。

デカルトの名言や格言は、今の世の中にも通じるところはたくさんありますので、是非とも人生に迷うような時には、参考にされてみてはいかがでしょうか。

【無料特典付き】ビジネスマインドを磨くLINE無料講座が受講できます

あなたの潜在意識を引き出し、自己実現を叶えるためのビジネスマインド大学で考案した「サーバント(奉仕型)マーケティング無料講座」を無料LINE講座で受講が可能です

 

【私のサポートを受けた人たちの成果は…】
最高月収100万超え2人、50万以上1人、30万以上1人、20万以上2人、5万以上1人など…

自由な人生を歩み始めています。

【無料動画プレゼント】飲食店はじめる前に是非受け取って下さい。

With&Afterコロナ禍の新しい社会スタイルとして、

・ソーシャルディスタンスの確保

・三密を避けたビジネスモデルの推進

・おうち時間を大切にする心境の変化

に対して、キッチンカーの需要が急上昇中です。

 

固定店舗を持たずに、移動式で新しい需要を掴むチャンスが巡ってきています。

期間限定で、キッチンカーを始める方に知っておいてほしい7つのステップを無料動画講座をプレゼントしお伝えしています。